山本彩のソロデビューでアイドルの歴史が変わる
NMB48山本彩がついに初のソロアルバムを発売することがわかった。この一報は、山本彩が出演をしていたオールナイトニッポンの放送中に発表された。 長らく歌番組でもソロで大物アーティストを相手にコラボをこなしてきた山本だけに、今回のソロアルバム発売はそこまで大きな驚きはなかった。しかし、制作陣も合わせて発表され、亀田誠治がサウンドプロデューサーとして参加、GLAYのTAKURO、スガシカオなども楽曲を提供するとのことで、かなり本格的なソロデビューとなることが明るみになった。 亀田誠治といえば、数々のプロデュースワークで知られ、椎名林檎との仕事は東京事変も含めあまりに有名だ。隠れた人気番組「亀田音楽専門学校」(NHK)では、数々のヒット曲を紐解きわかり易く解説。理論派でありながら、ベーシストとしても高い能力を持ちプレイヤーとしても超一流、まさになんでも出来てしまうミュージシャン・プロデューサーとなる。 その亀田が今回、山本のソロワークに加わることで、山本の持つポテンシャルを120%引き出してくれるだろう。これまでの歌唱を聴いても、高音が若干得意ではない山本、しっかりとサウンドプロデュースをされることで山本にバッチリとあった楽曲が揃えば、声に魅力のある山本だけに素晴らしい作品ができあがるだろう。 元々NMB48の多くの楽曲でセンターを務め、表現力はアイドルとしてはずば抜けて高い山本。ギターのテクニックも日に日に上達し、ギターソロまで自身でこなせるまでに成長。 アコギのテクニックもあがり、弾き語りでしっかりと聞かせる技術を持ち始めている。YUI、miwaなど多くの女性シンガーソングライターが大活躍、最近では、大原櫻子、片平里菜などの活躍する若手シンガーソングライター達と同様に「次世代のスター候補」として、山本もこのソロアルバムで名乗りを上げるだろう。それだけの力を、山本彩は持ち合わせている。 『365日の紙飛行機』で大きな注目を浴びる今、山本彩のソロデビューアルバムは最高のタイミングで発売される。これからの活躍に期待したい。 写真(C)NMB48