ベイビーレイズJAPAN念願の初始球式でノーバンストライク
9月3日、5人組ガールズユニットのベイビーレイズJAPANが高崎市で開催されている「2016 JAPAN CUP 国際女子ソフトボール大会 in 高崎」の日本対アメリカの予選リーグ最終戦の始球式に挑戦した。 ベイビーレイズJAPANは、今までにプロ野球の試合で国歌斉唱や、始球式のアンパイアを務めた経験はあるものの、始球式に挑戦したのは初。グループを代表してメンバーの林愛夏は、元ソフトボール選手であった母親から猛特訓も受け、準備万端で本番に臨んだ。 そして、客席からの大声援の中、林以外のメンバーがそれぞれ守備に付くと、林は真っ直ぐにキャッチャーミットを見つめ力一杯に下手投げ。ボールは真っ直ぐキャッチャーミットへ吸い込まれ、豪快なストライクを投げた。 林は「日本代表チームにJAPAN CUP優勝を掴んで欲しいです!私たちも日本中のハートを掴めるように頑張ります!」と日本代表チームにエールを送るとともに、自身の意気込みを語った。 ベイビーレイズJAPANは、新曲『シンデレラじゃいられない』が、今回の「2016 JAPAN CUP 国際女子ソフトボール大会 in 高崎」のBSジャパン中継テーマソングに起用されている。