EXILE THE SECOND新曲 映画「スーサイド・スクワッド」イメージソングに
この夏、先行して全米で公開され、8月の歴代全米オープニング興行収入を塗り替え、3週連続ナンバーワンを記録した、いまアメリカで最もバズっている映画『スーサイド・スクワッド』が9月10日より遂に日本でも公開される。同作は「バットマン VS スーパーマン」を手掛けるDCの最新作で、史上最強の悪カワヒロイン、ハーレイ・クインと10人の悪党集団が大暴れする爽快アクションエンターテイメント。その日本版イメージソングを、EXILE THE SECONDが担当することが発表となった。 2016年本格始動し、現在、初の単独アリーナツアーに向けたシングル三部作をリリース中のEXILE THE SECONDだが、その三部作第3弾となる『WILD WILD WILD』(9月21日リリース)が、映画『スーサイド・スクワッド』イメージソングとしてテレビCMに起用される。 刺激的な悪党の活躍を描く『スーサイド・スクワッド』と、全国ツアーに向け勢いを増し続けるEXILE THE SECONDから、ますます目が離せない。 <EXILE THE SECOND メンバーからのコメント> ミュージックビデオやライブに今すぐ使いたくなるようなかっこいいアイデアが満載の映画でした。今回の「WILD WILD WILD」は、EXILE THE SECONDなりのEXILE魂を歌っていて、メンバーそれぞれ決してエリートじゃない、ストリート魂を表現しています。『スーサイド・スクワッド』とは出会うべくして出会いました。(EXILE THE SECOND) <この度のコラボレーションについて>(ワーナー・ブラザース映画) 刺激的な悪党が主人公の『スーサイド・スクワッド』の魅力を、その存在感で伝えられるアーティストとのコラボを望んでおりました。荒々しくてセクシーなEXILE THE SECONDとの出会いは、まさに我々の念願そのものでした。ポップで疾走感のある名曲『WILD WILD WILD』は、この愛嬌ある悪党たちの戦いのイメージにぴったりです。 (C)2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC