TETSUYA(L'Arc~en~Ciel)「てっちゃんねる」初回生放送「長く続けて行きたい」
‎L’Arc〜en〜CielのベーシストTETSUYAがniconico内のニコニコチャンネルで公式チャンネル「てっちゃんねる」を開設。記念すべき初回放送が9月1日配信された。 TETSUYAラジオ始めます!『てっちゃんねるVol.1』とのことで、番組が始まっても画像は真っ暗。コメントだけが流れる画面の中、MCやまだひさしが「聞こえてる?これラジオなのでね。てっちゃん僕の目の前にいるけどまだ無理まだ無理」とユーザーを焦らしまくる。「さ、会員の為だけの番組始まりました、TETSUYAさんでーす!」と紹介され「こんばんはー、わっしょーい!」とテンションMAXのTETSUYAが第一声。番組内容について何の説明もなく「ぬるーく始まりましたね」とTETSUYA。ユーザーは「映像見せて!」「チラ見せ!」の弾幕で、それを見かねたやまだが「画像ONするよ!」と宣言するも急遽アンケートに「見たい」or「我慢できる」の2択でユーザーの意見を聞くが、当然「見たい」が圧倒的な97.2%を獲得。結果通りブース内の映像に切り替えると、目の部分を隠したTETSUYAの姿が、さらに「すわって挨拶するのは失礼でしょ」と立ったため、固定されたカメラからは大事な顔がフレームアウト。ユーザーは「ずるいいいい!」「すわってーー!」「かわいいいい!」と大騒ぎ。そうこうしているうちに画面が黒に切り替わってしまう。 これから「てっちゃんねる」で何をしていきたい?とやまだが尋ねると、「生でいろんなことに応えて行きたい」と言うことで、早速コメントを拾うことに。「ただサッカーの結果(日本対UAE)だけ教えないで!」と強めのお願い。「バースデープレゼント欲しいものは?」のコメントが拾われ、TETSUYAの応えは超高級車のマイバッハ。「今のメルセデスじゃなくて前のが欲しいんだよね、4000万か5000万のやつ」と具体的な話が飛び出した。リアルタイムでコメントが見られるこのniconicoシステムを「面白いなあ」と気に入ったTETSUYA、「申し訳ないから、また映像出す?」と大サービス。「ほんとに申し訳ございません」とまた立って深々と礼をして顔が見えない状態に。やまだから「天丼だ!画角知ってるでしょ?」とツッコまれていた。 「ぬるーっ」と始まった「てっちゃんねる」。次回のアップは9月10日(土)の予定。生放送は月1回のペースで実施される予定だ。「長く続けて行きたい」とも話していたTETSUYAの進化したラジオに大いに期待したい。