千聖(from PENICILLIN)主催のV系夏祭り 男前な浴衣姿披露
Crack6を率いる”MSTR”こと”千聖”(from PENICILLIN)が主催者となり定期的に開催しているイベント「Crazy Monsters」のフェス形式ヴァージョン!。その最新シリーズが、8月13日(土)に川崎クラブチッタで開催になった。 この日は「Crazy Monsters「クレモンフェス」~夏の浴衣祭り 2016~」と題したように、浴衣姿のお客さんも数多く1000名近くのオーディエンスが来場。夏らしい涼しげな恰好のもと、変わらぬ熱狂ぶりを終始描き続けていた。 司会は、お馴染みCDショップBrand Xの店長、矢田耕平さんが担当。そして今回の「Crazy Monsters」へ参加したのが、ダッチ(Crack6のSHIGE ROCKS&wyseのHIROとMORIの新ユニット) / Dacco / ADAPTER。 / 最上川 司 / 葵-168- / HERO / アンティック-珈琲店- / defspiral / S.Q.F / Ricky / THE MICRO HEAD 4N’S / ALvino / Crack6の計13バンド。最後には、お馴染みの大セッションも行われた。 場内には屋台も軒を並べれば、数多くの提灯を設えるなど、まさにお祭りムードを演出。転換のBGMまで祭り囃子という徹底ぶり。えっ、祭りの花となる火の見櫓は??。そこはステージに決まっているでしょ!余談として書くなら、楽屋にはケータリングの屋台やビールサーバーを用意。ライブを終えたミュージシャンらが銘々に乾杯しては、こちらでも夏祭りしていたこともお伝えしておこう。 この日の出演者は「夏の浴衣祭り」というテーマに寄り添う形のもと、全員が浴衣姿でライブ演奏。その心意気も嬉しいが、中には、みずから浴衣を作ったメンバーも居るように、出演者それぞれの個性を浴衣姿から味わえたのも楽しい見どころになっていた。 各アーティストがそれぞれの個性を活かしたうえで、この日は止まぬ熱狂を描き出していた。祭りに興じていると、時間の過ぎるのが早いのも納得だ。回数を重ねるごとに出演バンドたちの世代が広がってゆく(世代のギャップが縮まる??)のも、最近の「Crazy Monsters」の特色。ヴィジュアル系という歴史の変遷を、ここへ足を運ぶことで一気に体感出来るのも嬉しいじゃない。 そんな熱狂を受け継ぐ形で、「Crazy Monsters」の主催者である”MSTR”こと”千聖”率いるCrack6が大トリとして登場。感情の高まった大勢の観客たちへ優しい音色を響かせ、心地好いまどろみを『Cry For Truth』が届出した。サビで熱を上げるとはいえ、あえて心に歌や音色を染み渡らせる楽曲から幕を開けてゆくドラマの描き方が、冴えた演出を作りあげるCrack6らしさ。 花道の上で、MSTRが伸びやかにギターを奏で出した。その音色は、存在を主張し始めた産声のよう。いや、みずから意志を掲げることを覚え、遠吠えした叫びのようだった。ギターの響きから楽曲は、轟き渉る攻撃ナンバー『Re-Born~Change the World』へチェンジ。強い意志を持って想いを、意志を主張してゆくCrack6。その力強い歌声と演奏が胸に疼きを生み出せば、何かを変えてゆく衝動を心に、身体に与えていた。 この日のMSTRはとてもカラフルな浴衣を着て登場、出演者たちの中で一番目立つ恰好だったことも伝えておこう。「一つになろうぜ!!」。タイトな、でも確実に身体へ興奮というエナジーを与えてゆく演奏が炸裂。『DETARA-MEN』が、抑えていた感情や衝動を一気に解き放ち出した。それは、狂えるモンスターになって暴れ倒しなという合図?!。会場中の人たちが拳を振り上げ、前のめりな姿勢で舞台へ熱い視線を注いでいたのも、それが理由なのは間違いない。 「もっと熱くなろうぜ!!」、その言葉に相応しい煽り一体化ナンバー『ZEROから始めよう』が炸裂。歌物でありながら気持ちを掻き立てる興奮を与えてゆくからだろう、高ぶる気持ちがどんどん熱を身体へ蓄積しては、放熱しないと壊れそうな感情へ導いてゆく。爆発しないことには…気持ちのストッパーを壊さないと、もう意識を抑えるなんて意味がない!! 「限界を越えていけよ」、その言葉に続いて流れた『マリーゴールド』が熱狂への合図だった。どんどん高ぶってゆく感情、熱した演奏に飛び乗り、誰もが無我夢中ではしゃいでいた。感情を嬉しく震わせる演奏へ身体を預けながら、気持ちは絶頂を求めていた。なんてエクスタシーを与えてゆく演奏だ。歌で騒ぎ狂う、それって最高の快楽だ!! 熱した感情へ最後に叩きつけたのが、『NEO』。MSTRもラップ調の歌声を突き付けては、疾走するタイトな演奏を武器に、高ぶった観客たちの感情を熱くけしかけてゆく。笑顔浮かべながらも魂と魂をぶつけあうバトルを展開。こんなにも笑顔で絶頂に溺れる闘いなら、いくらでも立ち向かいたい。 最後は、この日出演したアーティストたちがステージへ登場。ファイナルを飾るナンバーは、お馴染み「Crazy Monsters」のテーマ曲『Crazy Monsters ~Crazy All Monsters ver.~』。「クレモンフェス」へ参加した全員で大騒ぎしながら、大声張り上げ騒ぎ倒してゆく。この日訪れた観客たちも交え、雄叫びを上げ騒ぎ狂ってこそ、「Crazy Monsters」らしい最後を締めくくる風景だ。誰もが理性を脱ぎ捨て”Crazy”な”Monster”になり、暴れ狂ってゆく。そう、最後の最後まで出演者たちと一体化した興奮を味わえるのが、「Crazy Monsters」の楽しさだ!! 次の「Crazy Monsters」は、10月に東名阪を舞台に開催する「Crazy Monsters~HALOWEEN PARTY 2016~」になる。毎年恒例、出演者たちが仮装して登場するライブとなるだけに、是非あなたも仮装して、このイベントを彩る一員になっていただきたい。 PHOTO:土田 紘 TEXT:長澤 智典