NMB48白間美瑠が渡辺美優紀から受けたアドバイスとは?
神戸ワールド記念ホールにて開催された「NMB48 リクエストアワー セットリストベスト235 2016」を終えたばかりのNMB48。今回は「次世代センター」がテーマとなった3日間だったが、その中でも「山本彩越え」に一番近いメンバーとして多くの楽曲でセンターを務めた白間美瑠。今回、BUBKA10月号にてロング・インタビューに答えている。 ─今年3回目の表紙ですよ! 白間 うわ! そんなにやってますか!? ─史上最高のハイペースですよ。では、早速本題に入らせてもらいますが、まずは7月3〜4日のみるきー(渡辺美優紀)さんの卒業コンサートからお聞きします。 白間 できる限りリハーサルからみるきーの姿を見ていたんですけど、やっぱりすごいなと思いました。表現力もそうやし、いろんなことを考えながらリハやってるんやなって思いました。 ─みるきーさんの考えが反映されたセットリストだったみたいですね。 白間 はい。1日目は『ジッパー』をなぎちゃん(渋谷凪咲)と私とみるきーとでやったんですけど、みるきーが選んでくれたんですよ。で、「この曲は私が一番かわいく見える曲やから、私が一番目立っちゃうと思う。だからちゃんと練習してきてな」って。 ─ハハハ! さすがですね(笑)。 白間 それは私じゃなくて、なぎちゃんに言ったみたいです。「みるきーさんがそんなこと言ってた……」って、なぎちゃんがすごい緊張してて(笑)。そんなこと言えるなんて、すごいなぁと思いました。最近、みるきーと何度かご飯に行ったんですけど、すごいですよ、「私はこれまでの人生、ずっとモテてきた」って。 ─公演やラジオでちょいちょい披露してきたモテ話ですね。 白間 みるきー、ネタで話してるんじゃなくて、本気なんですよ。目を見たらわかります。オーディションの時からすごかったんですから。合格したらすぐにメンバーと親とスタッフさんが面接するんですよ。たまたまみるきーと私の席が隣だったんですけど、初対面なのにみるきーが私たちの家族をめっちゃニコニコ見てくるんですよ! ウチの両親が一瞬で虜になってました。 ─ナチュラルボーンアイドルですね! 白間 私なんて全然モテなかったです。気が強かったんですよ。男子とは普通に喧嘩してましたから。女子とは仲良しだったんですけど。中学校の頃は友達2人と「猿軍団」を結成してましたから。 ─なんですか、それは? 白間 給食で出た唐揚げの骨を校内のどっかに隠して、それを探しに行くんです。発見したら、「こ、これは人間の骨だ!」みたいな(笑)。 ─NMB48に入る直前まで何をやってるんですか(笑)。で、みるきーさんとは食事中にどんな話をするんですか? 白間 いろんな人と話をして、付き合いを広げておいたほうがいい」とか、人生のためになるアドバイスが多いです。みるきー自身がそういうことをやってきたから、『Mステ』でも最後に大々的に特別な演出をしてもらえるのかなぁって。 ─弘中綾香アナとも仲良しですし。 白間 そうなんです。そういうのもすごいなって思いました。 インタビューの続き、グラビア写真はBUBKA10月号にて掲載。 【セブンネットで購入】(ポストカード2種よりランダム1枚封入(AKB48武藤十夢/SKE48古畑奈和)) 【クリックでAmazonで購入へ】