リニューアルで話題の「AKBINGO!」を峯岸みなみが語る
8年間続いてきた「AKBINGO!」が、メインMCをバッドボーイズからウーマンラッシュアワーへバトンタッチした途端に大幅に番組内容が変わり話題となっている。今回、「BRODY10月号」で峯岸みなみがAKBINGO!リニューアルについて語っている。 ─今回リニューアルした「AKBINGO!」の特集を組むにあたって、やはり「AKB48とバラエティ」について考えたときにお話を聞くべきは峯岸さんだろうということでご登場願いました。 峯岸 ありがとうございます。 ─早速ですが、6月29日放送回よりウーマンラッシュアワーさんを新MCに起用して新装開店した「AKBINGO!」の印象を聞かせてください。 峯岸 まだ私も初回の収録しか参加していないので手探りの状況ではあるんですけど、いままではファンの方に愛される番組という印象があったと思うんですね。安心感のあるお兄ちゃんみたいな存在のバッドボーイズさんに甘えながら、和やかな雰囲気で番組が進行していくようなところがありました。だからある意味「丸く収まる番組」だったと思うんですけど、今回ウーマンラッシュアワーさんに司会をやっていただくことによって、AKB48の可愛さよりは一般に向けたキャラクターをアピールする場所に変わっていくんじゃないかなって。いまのAKB48に必要な要素を求めた結果のこのリニューアルなのかな、とはなんとなく思っていました。 ─バッドボーイズさんがアットホームな感じだっただけに、ウーマンラッシュアワーさんの異物感/異分子感が際立ちますよね。 峯岸 これによって若手が鍛えられて強くなっていくんじゃないかと思うとすごく楽しみですね。いままでは「このコにこんないじり方をするのはダメ」みたいな暗黙のルールがあったし、きっと本人もそういうふうに決めつけていたと思うんですけど、ウーマンラッシュアワーさんはそこを容赦なく突っ込んでくださるので。さやや(川本紗矢)とか谷口めぐちゃんとか、初回の収録ですでに新しい魅力が出ていましたよね。「AKBINGO!」の時間帯って意外といろんな方が観てくれているから、ウーマンラッシュアワーさんの力を借りて若いメンバーのおもしろいところがどんどん見つかっていけばいいなって思ってます。 全文と写真はBRODY 10月号にて掲載。 特別付録として、 ・乃木坂46の白石麻衣、欅坂46の平手友梨奈の両面・超BIGポスター。 ・セブンネットで購入に限り、平手友梨奈、長濱ねる、齋藤飛鳥&西野七瀬、白石麻衣&生田絵梨花のスペシャルポストカード特典が配布される(デザイン4種のうちランダムで1種類封入)。【クリックで購入へ】 BRODY[ブロディ]10月号は、2016年8月23日(火)全国コンビ二・書店・ネット書店にて定価880円(税込)で発売。Amazonで購入はクリック