仮面ライダー新シリーズの主題歌は三浦大知
三浦大知が10月2日(日)からテレビ朝日系でスタートする仮面ライダー新シリーズ「仮面ライダーエグゼイド」の主題歌『EXCITE』を担当することが発表され、8月30日に都内で開催された製作発表記者会見に出演者とともに登壇した。 三浦大知は「仮面ライダーの主題歌に決まったときは本当に嬉しかったです。ボク自身、ソロとして音楽を続けて11年ですが、仮面ライダーには45年の歴史があり、45年続くなかで、それまで築いたものを新しい仮面ライダーが毎回超えていくことは本当に凄いことだと思います。そうしたことからも仮面ライダーはみんなから愛されているんだと思います。」と感想を述べた。さらに、出演者に対して「みなさんが最高のライダーを作ってくれることを、いち仮面ライダーファンとして応援しています。」とエールを送った。 今作は、歴代仮面ライダーシリーズ史上初めて、ドクター(医師)である主人公・宝生永夢(ホウジョウ エム)が仮面ライダーエグゼイドに変身し、人類の命を守るために悪との戦いを繰り広げる。ドクターライダーであるエグゼイドは、謎のゲームウイルス〝バグスター“を打倒するためゲームという名のオペレーションに身を投じ、悪と戦いながらも、時には他のドクターライダーとバトルを繰り広げるという、これまでのシリーズから更に進化した内容となっている。 「エグゼイド」の由来は、「Extreme(エクストリーム)=究極」の「Ex」と、「Aid(エイド)=救助」の「Aid」を掛け合わせた造語「Exaid(エグゼイド)」からきている。宝生永夢役は「第28回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」でグランプリを受賞した飯島寛騎が務める。「仮面ライダーエグゼイド」は、長い歴史を持つ仮面ライダーシリーズが今年で45周年を迎えたメモリアルな仮面ライダーとなっている。 (C)2016 石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映