乃木坂46 雨の神宮球場で全39曲を熱唱
関東地方に上陸する恐れがある台風10号が懸念されている乃木坂46の”真夏の全国ツアー2016″~4th Year Birthday Live~。初日と共に2日目も3万5千人のファンを明治神宮野球場に動員し、雨が降るなか大成功を収めた。 Overtureで会場がざわめき出し「ガールズルール 皆さんも一緒に盛り上がって下さい!」という白石麻衣のシャウトに導かれながら『ガールズルール』を披露。フロートが移動し『人間という楽器』『扇風機』など6thシングル収録曲をパフォーマンス。白石麻衣のソロから始まった王道ダンスチューンの『世界で一番 孤独なLover』では、ファイヤーバードや音玉などの特効が会場の演出に花を添える。 「みなさーん!乃木坂46神宮球場ついに2日目始まりました!今日朝、めっちゃ晴れてて日焼け止め塗りたくったのに流れちゃいました(笑)3日間で112曲やります!昨日よりも盛り上がれる準備出来てますか~?」と齋藤飛鳥がMCで煽ると、ファンはたちまち大歓声と光り輝くサイリウムで呼びかけに応える。7thシングルパートでは、堀未央奈がセンターに抜擢されたことでも話題となった『バレッタ』など、ダンスも印象的な楽曲でオーディエンスを魅了していき早くも盛り上がりのピークを迎えようとしていた。 次は2016年の5月に発売した2ndアルバム『それぞれの椅子』のパートとなり、雨の中、乃木團(のぎだん)として中元日芽香・能條愛未(ボーカル)、川村真洋(ギター)、齋藤飛鳥(ドラム)、中田花奈(ベース)、和田まあや(キーボード)が登場。卒業メンバーも居たことから、新生乃木團として初のパフォーマンスだったため、和田まあやは「こんなクオリティーが高いユニットなので不安だったけど完奏できてよかった」と安堵感を表した。ロック調で激しい楽曲として知られる生田絵梨花ソロ曲『低体温のキス』ではCO2がステージから360度噴射。そしてアルバムパートのラストを飾ったのは、リードトラックとしてアルバムを牽引した『きっかけ』。3万5千人が楽曲に吸い込まれ、一瞬にして酔いしれた。 8thシングルパートでは、乃木坂46の支柱として支え続けてきた白石麻衣と橋本奈々未によるユニット曲『孤独兄弟』や、ロックテイストの『ダンケシェーン』などを中心に盛り上がり、同世代の女性に支持されている『気づいたら片想い』でオーディエンスを魅了。9thシングルパートでは「神宮雨だけどやっちゃうぞーー」と西野七瀬が叫び、雨に打たれながら『夏のFree&Easy』を披露すると、楽曲が持つ開放感やさわやかさに明治神宮野球場は一気に夏感を取り戻し、460発の花火が打ち上げられた。 アンコール後は、降り止まなかった雨が急にピタリと止み、生駒里奈が「雨やんだよー!」とファンに伝えると、2ndシングル『おいでシャンプー』、12thシングル『太陽ノック』を披露。その際、トロッコをスタンド2階席まで移動しファンとの距離を縮めると、会場のボルテージも上がり大歓声となった。齋藤飛鳥が「だけど、まだまだタオル上げたいですよね!聞いて下さい、裸足でSummer!」と火蓋を切り、この日最後の曲『裸足でSummer』がスタート。歌詞にも含まれている”オレンジ色の”バックパネルと「HEY!」という大きな掛け声が明治神宮野球場に響き渡り幕を閉じた。 天候に左右されてしまうリスクを背負いながらも決して下を向かずに、どんな環境下でも前向きにファンを楽しませようとする乃木坂46の姿からは、アイドルとしての本質を問いかけられたような気がした。