GEM小栗かこ 東海選抜アイドルユニット楽曲の振付担当に抜擢
エイベックスから、2014年にメジャーデビューした、ダンス&ボーカルグループ・GEMメンバーの小栗かこが、名古屋を中心とした東海地区で活躍するするご当地アイドルブループから人気メンバーを抜粋した東海選抜アイドルユニットプロジェクト「7☆3」(シチサン)の楽曲の振付を担当することが発表された。 7☆3(シチサン)は、年内リリースに向けて現在制作中で、、その中に収録される、表題曲『止まらない想い』の振付を、愛知県出身の小栗かこが制作することになった。 小栗かこは3歳からダンスを習っており、1番得意なジャンルはジャズだといい、GEMのライブでも、しなやかで伸びのあるダンスと、可愛らしい笑顔でファンを魅了している。7月20日に発売されたGEMの『Spotlight』には、GEMから5名が、本格的なダンスのみで魅せるダンス映像『one』が収録されており、小栗も参加し、キレのあるパフォーマンスを披露している。 また以前に、小栗かこは、GEMの『departure』という2016年3月発売アルバム『Girls Entertainment Mixture』に収録された楽曲の振付も担当している。サビの「サクラ舞い散る 風に吹かれて 君が凛々しく見える ゆらゆら揺れる 心を強く抱いて 旅立つ季節(とき)」という歌詞に合わせて、桜が舞う情景を想わせる、華麗なダンスを完成させた。 そんな小栗かこは、今回、7☆3の振付を担当ことに、「今回7☆3さんの振り付けをさせて頂けると聞いた時驚きと嬉しさでビックリしてました!!!愛知県出身として最大の嬉しさを振り付けに込めていければいいなと思います!7☆3さんの動画は片っ端から見て思った事は、今までの7☆3さんにはないものを出せれたらいいなとにやにやしながら考えています。GEMの振り付けをさせて頂いた時に成長した事が沢山あったので、今回振り付けをさせて頂くのでもっとスキルアップできるように頑張りたいと思います!楽しみにしていてください!」と意気込んだ。 7☆3の『止まらない想い』は、ミュージックビデオを制作するようで、今回の振付の模様は、CBCテレビ「アイドリぃむ!TV」(毎週月曜 深夜1:36~放送)にて、随時放送される予定だ。