杉本有美 露出度MAX写真集「水着は最後かなあ」
グラビアを中心にテレビ、舞台にと大活躍中の女優・杉本有美の最新写真集『It’s me』(ワニブックス)が完成した。 「『it’s me』で11作目の作品になります。”明るく楽しくハッピーに”をコンセプトに、大好きなハワイで撮影しました。打ち合わせを何度も重ね、写真選び、タイトルやデザイン等、全ての工程に参加させてもらいました。愛情込めて作ったので、早く皆さんに見せたいなっていう気持ちが強いです」と語った。 また、約10年間のグラビアの集大成になる作品と位置づけ、「今まで長くグラビアをやってきたロケの事もたくさん思い出しましたし、別に辞めちゃうわけではないんですけど(笑)、水着は最後かなっという思いで撮りました」と一区切りとして、写真集としては、最後の水着姿の披露と、少々ファンには寂しいコメントも。自身で付けたタイトル『it’s me』については「難しいタイトルで重たくなっちゃうと嫌なので、”この中に私のすべてが入ってる”という意味で付けました。そうしたら深田恭子さんの写真集が『This Is Me』というタイトルで”ちょっとヤバいな(笑)”と思ったんですが、後から気付いたので…」と微笑んだ。 ”グラビアの集大成”ということで今思うことを問われた杉本は「グラビアで水着を着始めた最初の頃は、目の前の仕事に必死で、雑誌を見ている人のことまで考えられなかったけど、大人になって”私が何を求められてるのか”を考えるようになった。露出の面においても。一番勉強になる仕事だと思うんです。今作は”最後”という意識で撮ったので、決断したあとの表情だとか、純粋にファンの事を思って楽しんでいる作品になっていると思います」と振り返った。 端整な美人、すらっと伸びた美脚とキュッと締まった美尻。かつては”戦隊ヒーロー”で華麗なアクションを見せ、ちびっ子はもちろんお父さん世代も虜にした杉本。”水着卒業”となる今作にさらに注目が集まる。