NMB48山本彩、リクアワ1位楽曲に「未来が明るいと実感」
「NMB48 リクエストアワー セットリスト ベスト235 2016」が神戸ワールド記念ホールにて開催され、2016年度のNMB48における第1位楽曲が決定した。 今回のNMB48リクアワでは、初日に空席が目立ち、金子支配人より「改めて、NMB48として真摯に受け止めて、前を向いて進んでいく」と決意表明が行われるなど波乱の幕開けとなっていた。 また、最終日昼公演では、長らくNMB48を引っ張ってきた岸野里香が卒業を発表、谷間の日となる8月26日には同会場で「NMB48 コンサート2016 Summer~いつまで山本彩に頼るのか?~」を開催。山本彩抜きのコンサートに挑戦した。 そして「NMB48 リクエストアワー セットリスト ベスト235 2016」最終日、夜公演の一曲目は30位の山本彩、上西恵、岸野里香による『太宰治を読んだか?』。ボーカルに定評がある3人の美声から始まった。 途中、卒業をしたばかりの渡辺美優紀の代表曲『わるきー』が20位にランクイン。映像にて、その場にいるかのような臨場感に会場のファンは大盛り上がり。その後も、リクアワらしくシングル曲以外の楽曲が多くランクイン。第6位は『365日の紙飛行機』となり山本彩が一人でステージへ上がり披露した。 第2位は『冬将軍のリグレット』。そして栄えある第1位は『虹の作り方』となった。この楽曲は、世代交代を叫んでいた須藤凜々花がファンに呼びかけていた楽曲となる。8月4日「重大発表」として「本編で倒さなくっちゃいけないぜこれは」と山本彩越えのためにも、次世代エース候補である太田夢莉、薮下柊、渋谷凪咲、内木志と共に発表した『虹の作り方』への投票をファンへ呼びかけていた。メンバー本人の呼びかけで、リクアワの第1位を獲得することは珍しく前代未聞といえる。センターの太田夢莉は「このユニット曲は大成功だったと思います」と胸を張って宣言。昨日のセンター取り発言もあり、大歓声を浴びた。また、山本彩は後輩達の成長を笑顔で祝福し「立派なユニット曲です。未来が明るいなあと実感できた」とコメントした。 またこの日、山本彩のソロライブツアーの開催が決定した。山本は「アルバムも出来ていないのに!」と話しながらも、やる気は満々だ。会場は、11月2日Zepp名古屋、8日Zeep東京、14日Zepp札幌、21日、22日Zeppなんばを予定している。山本は「このグループは夢をかなえられる場所なんだと証明したい」と意気込みを語った。これからのNMB48、山本彩のソロ活動も合わせ更なる躍進が期待できそうだ。 写真(C)NMB48 NMB48「リクエストアワーセットリストベスト235 2016」ライブ独占生中継