NMB48「いつまで山本彩に頼るのか?」まだチケット完売していない
NMB48が8月25日、神戸・ワールド記念ホールで「NMB48リクエストアワーセットリストベスト235 2016」初日を開催した。 開演に先立ち、金子支配人(NMB48劇場)がステージに登場し、来場客数がアリーナのみ2500名であったことを受けて改めて、NMB48として真摯に受け止めて、前を向いて進んでいく決意を表明。今回、総合MCに就任した須藤凜々花も「私たちは現実から目をそらしているわけじゃなく、これからのことも真剣に考えています。」と話し、空席を嘆くのではなく、足を運んだファンをいかに満足させるかを追求して、神コンサートにすることを約束しリクアワはスタートした。 1曲目は、今回のリクエストアワーでは、対象外楽曲となっていた須藤凜々花のソロ楽曲『ショートカットの夏』をバックダンサーに5期生を迎えて披露。 『ハートの独占権』は山本彩と山本彩加、植村梓(ポスト山田菜々)と山田寿々(山田菜々の妹)、上西恵と上西怜(姉妹)にて、披露するなど、盛りだくさんのステージとなった。 MCコーナーでは、須藤凜々花が、メンバーそれぞれの個性を引き出しかわいさあり、笑いあり、意外性ありで盛り上げ、アンコールMC中にドラフト2期生でチームMに研究生として加入していた北海道出身の堀詩音がチームM正規メンバーへの昇格を発表。続けて、研究生公演を10月4日から開始することも発表した。 堀詩音は、「初めてステージに立ったこの思い出の場所(神戸・ワールド記念ホール)で昇格というこんな嬉しい報告が出来て、本当に本当に幸せで す。堀何かがと思われるかもしれませんが、ずうずうしいぐらい上を目指して頑張っていきたいと思います。これからもよろしくお願いいたします。」とコメントしている。 今回は、空席も目立つ結果となったが、明日は山本彩が不在となる「NMB48 コンサート 2016 Summer いつまで山本彩に頼るのか?」が同じく神戸・ワールド記念ホールで開催される。チケットが完売すれば、NMB48が次に出すシングルのセンターを山本彩以外のメンバーから、完売しなければ、山本彩がセンターとなるという特殊なコンサートとなる。 現状、チケットは完売していないということで、当日券も発売されるという。果たして、当日券でチケット完売は達成できるのか? 写真(C)NMB48