乃木坂46白石麻衣「芸能人」としての自覚は?
「今もっとも“革命”を予感させる」をキーワードに、旬なアイドル・女優を取り上げる雑誌BRODYが8号目にしてついに「創刊」となる。今回、創刊を記念して乃木坂46から白石麻衣が表紙に登場。 ─今回、白石さんの表紙で『BRODY』を創刊することになりまして。 白石 ありがとうございます! ─昨年8月、白石さんに表紙とグラビアを飾ってもらったことで雑誌のイメージが固まったところがあって。結果、オシャレみたいなイメージがついたと思うんです。 白石 あら、そんな(笑)。『BRODY』ではまっちゅん(松村沙友理)とも撮りましたね。確かにちょっとオシャレな雰囲気がありますし。 ─白石さんじゃなかったらこんな感じにならなかったと思いますし。どうですか、周りから人気者と認識されている現状については? 白石 いやいや(笑)。でもちょっと……怖いですね、私は。 ─怖いですか? 白石 はい。私からしたらそんな自覚がないですし、普通に乃木坂に入ってお仕事をしているのがずっと続いているだけなので。それを自分が知らない間にいろんな人が知ってくれてるというのはすごく嬉しいけど、逆を返したらちょっと怖くもあって。もちろん名前を知ってもらえることは嬉しいですし、普通に考えたらすごいことですもんね。 ─と同時に、いろんなメディアへの露出が増えることで、周りの人から求められていることはなんとなく感じてはいるわけですよね? 白石 徐々にですけど、できるだけそういう要望には応えていきたいですし、自分が1つひとつの作品の力になれるように頑張ろうと常々思ってます。でもやっぱり不思議な感じがしますよね。こういうことが芸能人になるってことなのかなって、改めて感じます。普通だったらあり得ないことだから。 ─「芸能人」という感覚は、ご自身の中にありますか? 白石 正直言ってあまりないかも(笑)。毎日の生活がお仕事に行って家に帰ってきて寝ての繰り返しだから、特殊な仕事をしているけど普通に働いている人と同じ感覚なので、そこまで芸能人という意識はなくて。ただ、たまに街中で声をかけていただいたときに、「あ、私って芸能人なんだ。アイドルやってるんだ」っていう気持ちになるんです。 ─なるほど。では「アイドル」についてはどうですか? 例えば乃木坂に入る前にアイドルに持っていたイメージは? 白石 アイドルは大変なお仕事だなとは思ってました。忙しそうだし、いろんなことをやっているイメージがあったので、当時は自分がそうなるとは思ってなくて(笑)。 インタビューの全文と17ページのロンググラビア「美神」はBRODY 10月号にて掲載。 特別付録として、 ・乃木坂46の白石麻衣、欅坂46の平手友梨奈の両面・超BIGポスター。 ・セブンネットで購入に限り、平手友梨奈、長濱ねる、齋藤飛鳥&西野七瀬、白石麻衣&生田絵梨花のスペシャルポストカード特典が配布される(デザイン4種のうちランダムで1種類封入)。【クリックで購入へ】 BRODY[ブロディ]10月号は、2016年8月23日(火)全国コンビ二・書店・ネット書店にて定価880円(税込)で発売。Amazonで購入はクリック