次世代エース太田夢莉はNMB48に「未来しか感じない」
世代交代が急務と言われているNMB48。山本彩とともに「ツートップ」と言われた渡辺美優紀の卒業を迎え、一気に次世代メンバーに注目が集まっている、 そんな中で、発表されたコンサートタイトルが「いつまで山本彩に頼るのか?」。今までも、突飛なタイトルが多かったAKB48グループの中でも、こんなにもメンバーに対して挑戦的だったタイトルはないだろう。しかも、このコンサートは山本彩が出演しないという他のメンバーには試練のコンサートとなる。 今回のコンサートに対して、また次世代エース筆頭と注目されていることについて、人気急上昇中の太田夢莉に話を聞いた。 -太田さん、早速ですが最近のNMB48の事を伺う前に、太田さんがあまりにも小倉唯さんが好きすぎるという話ですが…。 太田 そうなんです!妖精でした! -妖精ですか! 太田 先日のコンサートにも行かせていただきました!トロッコで客席を周るときに、わたしに手を振ってくれました、感激です!絶対に私に手を振ってました。 -本当に大好きなんですね。 太田 いや、好きとかでなくて、尊敬です。小倉唯さんは可愛い、というイメージなのですが学業との両立をすごく頑張っていたり、本当に尊敬する部分が多いです。絶対に多忙なはずなのにテストで良い点数を取っていたり、大学との両立をしっかりされていてスゴイです。 -小倉さんのコンサートを見たりして、何かNMB48で活かせることはありましたか? 太田 歌って踊るのに安定感がすごくて、全然ぶれないんです、歌が。まあ、プロ意識という面で凄く参考になります。ブログも凄く更新してくださるし、自分が辛いというところを一切見せないんです。本当に、アイドル以上にアイドルですね。今回のコンサートの衣装も白ニーハイで完全に狙ってきていました。衣装さんもGJですね。 -太田さんもね、小倉さんのようにファンから可愛いと思われているわけです。 太田 まあ小倉さんほどではないですが、そうですよね。不思議ですよね、ほんと。 -そんな太田さんは、NMB48を引っ張っていく次世代メンバーとして注目度が高くなっています。その中で、今回の渡辺美優紀の卒業、そして「いつまで山本彩に頼るのか?」というコンサートタイトルについて、率直な気持ちは? 太田 よっしゃ来たな、と思いました。実はこのコンサートタイトルが決まる前に、運営の皆さんに若手だけでコンサートしたいと提案していたんです。ファンの皆さんから「若手が弱い」と言われ続けていて、ならば若手だけのコンサートを、もっと言えば学生メンバーだけでコンサートとかどうですかって話していました。乃木坂46さんのアンダーライブを見させて頂いたのがキッカケですね。選抜で落ちた時に、アンダーでライブがしたいと提案できなかったんです、それが凄く後悔していて…NMB48だからチームで動かなければいけない、ということはないと思うんですね。NMB48全体でライブを必ずするという決まりもないし、だから限定した人数でライブするのも良いんじゃないかなと思ってました。 -では、太田さんはこのコンサートタイトルにヤバさは感じないんですね。 太田 タイトルに関しては全然ヤバさとか感じないです、未来しか感じないです。ありがとうございますって感じですね。「さや姉しかいないけど大丈夫?」と言われることもまだまだ沢山あるんですけど、やる気は十分ですから。 -いまのNMB48にピンチ感はない? 太田 ただ、みるきーさんが卒業して、全く感じないというわけではないです。ただ、残されたメンバーも緊張感が出ますし、選抜枠も空きますし…NMB48は最近、決まったメンバーが選抜になることが多かったので、そういったところに新たなメンバーが入るのは良いなと思いました。楽しみですね。 -渡辺さんの卒業で「選抜枠一個空く」という感想はなかなかないですね。 太田 もちろん、寂しいって気持ちもありますよ!みるきーさんの卒業コンサートでも「この完璧なアイドルがもう見られなくなるのか」と思いました。ビジュアルも凄いですし、生まれ持っての才能を存分に活かしているのがみるきーさんだと思いますね。 -では、渡辺美優紀の卒業も若手で乗り越えていけそうですか? 太田 うーん、どうしても選抜取りに行く、って言うメンバーはまだ少ない気がします。それは、全メンバーに言えることだと思うんですが、選抜復帰したいとか新しく入りたいとかそういう気持ちを持つことは大切だと思います。みるきーさんの枠をどうしても欲しい、というメンバーが一人でも多いと嬉しいですね。5期生のみんなでもそうですけど、若手メンバーから手が上がるといいですね。 -若手では須藤凜々花さんと仲がいいですね。 太田 凜々花とは、Wセンターとかやらせて頂く前から、趣味で仲良くなったんです。凜々花も2次元が好きで、私も好きなんで一緒に秋葉原に行ったりもしましたし、そこから「ゆーりりぽん」としてセンターを任せて頂いたり、一緒に仕事することも増えて一気に仲良くなりましたね。 -須藤さんもSNSなどでかなり今回の件について、ガツガツしていますね。 太田 そうですね(笑)、凜々花と私の考えは違うなと思います。でも凜々花の考え方を否定するわけではなく「ああ、そういう考え方があったか」といつも考えさせられます。似ているようで似ていなくて、似てないようで似ているんですよ。 -アニメのセリフみたいですね。 太田 だから咬み合わないことも凄くありますよ、え?そっち?みたいな。でも、凄く視野が広がります。 -須藤さんがブログにて、NMB48のリクアワで太田さんも関係する『虹の作り方』を一位にすることをファンに提案しました。 太田 このブログを書く前に相談されたんです。いつか私たちそれぞれのソロ曲で勝負できるようになるといいなと思います。 -太田さんって、グループと個人の活動は、どっちが大事だと思いますか? 太田 う~ん…グラビアとかインタビューとか個人の活動も大事だと思いますけど、グループが消えれば自分も消えるだろうし…だからシングルの売上とかめっちゃ気になります。乃木坂46さん、欅坂46さんが勢いがあって、ヤバイなとは思います。 -今回は渡辺さんの卒業シングルだし、本当に真価が問われるのは次のシングルですね。 太田 そうですね、次は若手がやりますよ!次のコンサート「いつまで山本彩に頼るのか?」のチケットが完売にならなければ山本さんがセンターなわけで、絶対にNMB全体のためにも良くないと思うんです。 -そうなると、太田さんの単独センターが実現すれば、一気に加速しますね。 太田 センターやれと言われたら今はまだ戸惑ってしまいそうです。そういう発表って決定した上で発表されてしまうので、拒否は出来ないかもしれないですけど(笑)。ただ、わたしがセンターをすることによって、何かが変わればいいなとは思います。 -では、山本彩を越えてやるというような、特別な思いは今のところはまだないんですね。 太田 そうですねえ…山本さんには卒業の時期を逃さないで欲しいですね。自分が辞めたいって思ったら、グループがぐちゃぐちゃになってもやめてもらって大丈夫です。私達がなんとかしますので。このまま何年かズルズル辞められないとかなると嫌なので…選抜枠も一個空きますし(笑)。 -決心が強いですね。 太田 NMB48がリニューアルするならするで良いかなとも思ってますし、世代交代するグループって、一回は落ちたりするじゃないですか。メディアに出られなくなったり。万が一そうなってしまったとしても、しっかり自分たちの力で乗り越えて行きたいと思いますね。