NGT48お披露目から1年 今村劇場支配人からサプライズ
NGT48のお披露目イベントが行われてからちょうど1年となる8月21日に、NGT48劇場は、1月10日に行われた劇場こけら落とし公演から数え、公演回数100回を迎えた(特別公演・研究生公演を含む)。 最初の自己紹介挨拶では、「200回、300回と回数を重ねて行ってどんどんいいグループに成長したいです」(本間日陽)など、メンバーが100回にちなんだトークを展開。序盤にも関わらず、副キャプテンの荻野由佳は、この時点で早くも感極まって涙。何かと感動してすぐ泣いてしまう荻野らしく、「これからも汗と涙をいっぱい流していきたいと思います」と語った。 キャプテンの北原里英は「(AKB48劇場での公演も含め)通算で600回から700回くらいは公演に出演しています。私が1000回出演いくんじゃないかな」と、大きな野望を語った。また、これまで2回行われてきた研究生公演にもサポートメンバーとして出演している小熊倫実と太野彩香の2人が、100回公演フル出場を記録。太野は公演後に「劇場に行けばアヤカニ(太野の愛称)に必ず会えると言っていただけるように、これからも連続で公演に出続けたい」と抱負を語った。 公演では、劇場オープン前日の1月9日に行われたセレモニーや、第1回公演の模様、また、これまでの100回の記念公演の中で行われてきた生誕祭を振り返るなどの企画が行われ、メンバーとファンが一緒になって劇場公演100回を祝った。 夜公演は、昨年のお披露目イベントと同様、北原キャプテンの「行くぞー!新潟!」の掛け声とともに幕開け。1曲目は『会いたかった』。お披露目イベントの際、初めてステージで披露した思いで深い楽曲でのスタートなった。その後も、お披露目から1年の間にNGT48が経験してきた楽曲がラインナップされたセットリストとなり、1年の成長を振り返る構成となった。 ユニットも、荻野由佳・加藤美南・本間日陽による『Bird』や、昨年12月のAKB48紅白対抗歌合戦で披露し話題となった『僕たちは戦わない』などを、全メンバーシャッフルで披露し、メンバー個々のアイドルとしての成長を印象付けた。 MCでは、この1年を年表で振り返るとともに、佐藤杏樹による、加藤美南画伯の三大ニュースも発表され、メンバー目線で1年を振り返った。 北原キャプテンは、「この1年で48グループの一員として歩み始められと思います。2年目も新潟を拠点にしながら、全国にも羽ばたいていけるよう頑張っていきますので、これからもよろしくお願いします」と、この1年を見守ってくれた皆様への感謝の気持ちを込めて挨拶した。 また、ラストの『Maxとき315号』の前には、今村悦朗劇場支配人が突如ステージに登場。メンバーにもサプライズで、出張公演開催決定を告知した。出張公演は、東京のAKB48劇場・名古屋のSKE48劇場で、この秋から冬にかけて行われる予定だ。 <荻野由佳(NGT48チームNIII副キャプテン) コメント> 1年前のお披露目イベントと同じく、今日参加できなかった柏木さんも含め、誰一人欠けることなく、今日を迎えられたことができました。メンバー全員でステージに立って、お祝いの公演をみなさんと一緒にできたことが本当に嬉しいです。 2年目も、26名全員で突っ走っていきたいと思います。出張公演も決定したので、またみんなで努力して、朱鷺のように全国に羽ばたいていきたいと思います。2年目もNGT48への応援を、よろしくお願いします。 (C)AKS