ミニマムグラマー和地つかさ G乳に万歩計着けてガチ運動
身長148cmでGカップ巨乳というギャップが注目の和地つかさが、6枚目のDVD『もしも彼女が妹だったら』(エアーコントロール)を発売した。 3月に沖縄で撮影された今作品は、和地が妹に扮して、お兄ちゃんに本気で恋をしてしまうストーリー。オススメシーンは「最後にお兄ちゃんに告白するシーンがあります。「兄妹じゃなくて、お兄ちゃんのことを男の人として好きだよ」と真剣に告白しました。かなり恥ずかしかったです」と話した。また「ピンクのカワイイ衣装を着て、お兄ちゃんとガチで運動をしているんですよ。実際に私は運動神経が鈍いので大変でした。伸脚をしたり走ったりとか胸に万歩計を付けて胸を揺らしたりしています」と振り返った。 淡い恋物語のようなストーリーだが、意外に過激なシーンもあるそうだ。「初めて目隠しをされて手錠を付けられたんですよ。そこでくすぐられたりして、どうしていいかわからなくなってしまいましたよ。嫌では無かったですけど、ちょっと恥ずかしかったです」と明かした。さらに「私がナースの格好をしてお兄ちゃんとお医者さんごっこをしてイチャイチャするんですけど、実は私はイチャイチャが苦手で、なかなか上手くいかなくて大変でした」と答えた。 栃木出身の和地。21日行われた夏の全国高校野球選手権大会の決勝戦で、栃木代表の作新学院が優勝したことを知り、「え!作新って、作新!?全体の優勝なの!?江川さんなの!?!?作新学院!甲子園優勝おめでとうございます!!!」とツイートして喜びを露わにしていた。最近むっちりグラマーの彼女が少しシェイプアップした感じなのだが、どうだろう。いまの”わっち”もかなり魅力的ではないだろうか?