TUBEが26年連続通算28回目、横浜スタジアムで野外ライブ
毎年恒例となっている、TUBE夏の野外スタジアムライブ「TUBE LIVE AROUND SPECIAL 2016 -RIDE ON SUMMER-」が神奈川県・横浜スタジアムで8月20日(土)に開催された。 TUBEとして記念すべき最初の横浜スタジアムでのライブは1988年8月17日。その日から、地元である横浜スタジアムでの野外ライブは毎年恒例となっており、今年で通算28回目になる。更に今年で26年連続での開催となっており、自身が持つ横浜スタジアムでのアーティスト単独ライブの最多・連続開催記録を今年も更新した。(※1990年のみ千葉マリンスタジアムで開催) 昨年デビュー30年を迎え、様々なチャレンジをしたTUBEだが、メインステージにはデビュー31年目の「新しいステージに向かって羽ばたく」ことをイメージしたかのような5つの気球(バルーン)が設置され浮かんでいる。満員の3万人のファンで埋め尽くされた。 メインステージにメンバーが登場し、「ようこそ、28年目の横スタへ!」という前田のMCに歓声が上がる中、ロックナンバーを10曲ノンストップで繋ぐ約25分のメドレーでライブはスタート。 今回のツアーは長年支えてくれているファンにも、初めてライブに来たファンにも楽しんでもらえる選曲になっており、3rdシングル『シーズン・イン・ザ・サン』など、誰もが知るTUBEの夏のヒット曲はもちろん、長年ライブで演奏していないファンが唸るような懐かしい曲の数々も披露した。 本編では、7月6日に通算60枚目となるシングルとして発売した『RIDE ON SUMMER』も披露。今年、前田亘輝が声帯の手術を経て初レコーディングしたこの曲は、“毎朝目覚めるたびに、新しい自分に変われるチャンスは誰にでもある”という”始まりの朝”を予感させるポジティブなメッセージソングになっている。 本編後半、ソロデビュー30周年の節目の11月にフルアルバムの発売と4年振りの全国ソロツアーの開催を発表した、ギターの春畑道哉のソロコーナーではサッカーJ1リーグで兵庫を本拠にするヴィッセル神戸のために書き下ろした、新曲『WE ARE ONE』(11月9日発売のアルバムに収録)をパフォーマンス。エネルギッシュなギタープレイが展開され、ドラマチックなサウンドにタイトル通り会場が1つになった。そして、冬の女王・広瀬香美による楽曲提供曲『おかげサマ―』では、メインステージ真ん中に置かれた “気球”(バルーン)に前田が乗り込むと、気球はどんどん高度を上げ空高くへと浮かんでいく。気球から伸びた6本のロープを固くスタッフが手に持ち、メインステージからアリーナへとゆっくりと誘導していくと、会場からは次々に大歓声があがり、前田は歌いながら観客の頭上を空中移動し、アリーナ後方に設けられたサブステージへと降り立つ。無事に前田がサブステージに到着したのを見届けると、アリーナ席を左右に分けていたセンターラインに突如空気で膨らんだ“エアウォーク”が登場し、メインステージとサブステージを繋ぐ橋となり、続けて春畑、角野が演奏しながらエアウォークを渡りきると、サブステージで前田と合流。衝撃的なサプライズ演出にファンは大興奮となった。 更に本編ラストとなるMCでは、前田が声帯の手術をし、無事に回復した事を改めてファンに報告。 「今日は久しぶりに歌えることの喜びを噛みしめながら、楽しいステージが出来ました。本当にありがとう。」と本編最後を締めくくり、昨年末、冬のシングルとして発表した『灯台』を言葉を紡ぐように熱唱すると、大サビでは野外ライブ恒例の噴水が上がった。 「様々な困難や苦悩・挫折がありながらも、それを乗り越えながら今日まで30年歩んでこれたのは、ファンのみんながいつも自分たちの行く先を、照らし続けていてくれていたから」というファンへ対する感謝の気持ちと、そして「これから先もファンと共に歩んでいこう」という想いが綴られたバラードで感動に包まれた。 アンコール曲『SKY HIGH』では、TUBEならではの炎や打ち上げ花火などの特効ショーのダイナミックなパフォーマンス!そして、アンコールラスト『あー夏休み』の圧巻のステージで最後まで観客を魅了した。 ダブルアンコール、最後のMCではメンバーがオリンピックカラーのTUBEロゴが入ったTシャツを着て登場し、「頑張れ!ニッポン」と海の向こうのオリンピック選手たちにエールを送り、「思い起こせば、パイプラインという名前で今はなき横浜シェルガーデンというアマチュアのステージに立ったのが最初でした。今はその何倍も沢山の人に聴いてもらえるバンドになりました。」と改めてファンにお礼の気持ちを伝え、海と大切な横浜の街への想いを語り『海のバラード』でライブは締めくくられた。