指原莉乃がアイドルを超える日、高いプロデュース能力に迫る
HKT48に所属する指原莉乃が、代々木アニメーション学院にて秋元康、小室哲哉、つんく♂と共に、学院のプロデューサーとして就任した。日本を代表するトップクリエイター・プロデューサーと肩を並べたことで、今回のニュースを受け指原莉乃の注目度が更に上がることになるだろう。 名を連ねる秋元康、小室哲哉、つんく♂は、それぞれが時代を作り出してきた名プロデューサーたち。その中に、現役アイドルとして指原が大抜擢されたのは、決して話題作りのためではない。 ここまで指原を様々な角度で追い続けてきた本サイトは、指原のプロデュース能力の高さに常々注目をしてきた。 まずは、セルフプロデュースの上手さ。AKB48選抜総選挙での圧倒的な強さ、そして民放番組を中心とした露出の高さは、事務所の努力もあるだろうが、セルフプロデュースの高さが出した結果だと考える。 彼女の魅力は第一に、本人も認めているがアイドルとしてもっとも重要だと思われていた「ビジュアル」に頼らなかったことだ。「不細工いじり」を指原は番組でされることが多いが、そこにはギリギリの線で「アイドルなのに不細工」というキャラを維持するプロデュースが働いている。彼女が美に関する徹底したプロ意識を持っていることは、日々SNSを中心に見ることが出来る。自己管理をし、例えば彼女の魅力である「美脚」をメインとしたスタイルの良さはキープしていることで、バラエティで不細工といじられても、そこに悲壮感はない。アイドルとして成立しているからこそ、不細工いじりにも対応できるし、「指原って言うほどブサイクか?一般人からしたら十分かわいいレベルだろう」という論議までネットで起こる。だからこそ、指原も不細工キャラを演じることもできるし、そのキャラのまま毒舌や過激な発言をすることも成立していく。「不細工」というアイドルにとってはマイナスとしか思えないような立ち位置を、最大限に活かしたセルフプロデュースは驚くものだ。 また、自身が所属するHKT48でのプロデュース能力の高さも注目される。HKT48メンバーを引っ張り、ここまで成長させたのは指原のプロデュースが大きく貢献している。指原が加入するまでのHKT48はどこか頼りなく、兒玉遥、宮脇咲良を中心とした「わかりやすいアイドルグループ」だった。そこに突然加入した指原が、丁寧にHKT48のグループとしての特性、中心メンバーや努力をしているメンバーを、指原自身がメンバーとしての目線で見聞きしHKT48をAKB48グループの中で差別化出来る強みを作り出していった。特に、HKT48の大きな魅力となっているライブ・コンサートでは指原がセットリストを考えることも多く、構成にも大きく意見が取り入れられている。ここには、ハロー!プロジェクトオタクだった指原の知識が存分に発揮され、AKB48グループの中に新たな流れを生み出すことに成功をした。HKT48を大きく進化させているのは、指原の功績だと言っても過言ではない状況だ。 また、HKT48のドキュメンタリー映画「尾崎支配人が泣いた夜 DOCUMENTARY of HKT48」でも、指原を信頼しているメンバーの姿は多く見られ、新潟で行われたAKB48選抜総選挙でも、名前が最後に呼ばれた時にHKT48メンバーが心の底から指原を祝福している姿を見ると、指原とHKT48メンバーの関係は非常に良好だと言える。それは、指原がここまでHKT48の事を常に考え行動してきたことを、全メンバーが見ているから当然だろう。 今回の、代々木アニメーション学院での大抜擢は、これまでの指原の活動をしっかりと見てみれば当然のことと思える。 アイドルとして、前人未到の領域へと踏み込み始め、もはや「アイドルを超える日」も近いと思える活躍の指原莉乃。これから、どんな活躍をしていくのか、注目したい。