OS☆Uセンター対決 高木里代子客演ユニットが週間チャート7位の快挙
2010年8月結成、1期生から7期生までの計20名(2016年8月現在)。名古屋の文化発祥の地「大須」を拠点に全国へ、超絶元気を発信するアイドルグループとして誕生したOS☆U(オーエスユー)。 今回、にぎわい創造・地方創生を全国へ伝播すべく、Lady Note from OS☆U(レディーノートフロムオーエスユー、以下Lady Note)に5名(清里千聖、蝶野晶美、朝倉真琴、望月綾乃、香田メイ)と、まねきねこfrom OS☆U(マネキネコフロムオーエスユー、以下まねきねこ)に7名(高橋萌、八角瑛子、大野咲貴、斉藤めぐ、荒木美穂、星野麻里愛、甲斐彩花)と2つの派生ユニットに分かれ、次作CDのセンターをかけてオリコン週間ランキング対決をすべく、8/10にLady Noteは『愛してジャジー』、まねきねこは『アモーレ アモーレ!!!~ヒトナツコイ~』と各ミニアルバムをメジャーリリースした。 Lady Note from OS☆Uの助っ人として登場した、ジャズ界に旋風を巻き起こしている高木里代子。 リード曲となる『愛してジャジー feat.高木里代子』は、名古屋ジャズ界超一流のレジェンド達を率いて高木里代子がフルサポートした”本物の音”と”グルーブ”をいかんなく発揮し、高木里代子のキャラクター同様、見かけのインパクト、音楽はホンモノ!というギャップ作品に仕上がっている(といっても、まずは映像に釘ずけだが…)。カラオケで歌いたくなるキャッチーなフレーズにも注目したい。 さらに同ミュージックビデオでは清純派アイドルとセクシーピアニストの奇跡の化学反応により、アイドル界でもギリギリの禁断・過激な映像に仕上がっている。初日デイリーは4位(まねきねこ)と5位(Lady Note)で数々の有名アーティストを押さえ好発進。リリース後も彼女たちの勢いは留まることなく、オリコン週間CDアルバムチャートでは7位(Lady Note)8位(まねきねこ)を獲得。地方発(初!!)オリコンTOP10ダブルランクインという、まさに怒濤の快進撃となり、新たなる音楽性・プロデュース・客演に挑戦したことで科学反応が生まれた。 今回、Lady Noteはアイドル×ジャズという前代未聞のジャンルに挑戦。楽曲の内容も世相を映した歌詞、名古屋のジャズレジェンド達が集結した生演奏を活かしたものに仕上がった。客演にはエロ過ぎるジャズピアニスト“ぱいぱいジャズ美”こと「高木里代子」を起用。 MVも大人の色気を映した美しい内容となった。対するまねきねこは、楽曲のプロデュースに同郷のHOME MADE家族のU-ICHI氏を迎え、流行語を歌詞に乗せた夏らしい楽曲に仕上げた。そして客演には”そうだよアホだよ♪”で再ブレイク中の「三代目パークマンサー」などを起用。MVは夏をイメージした爽やかさと三代目パークマンサーのバラエティが融合した内容となった。メジャーから独自の世界観を展開し、新たなる1ページを刻んだOS☆U彼女達は大須商店街、名古屋、そして愛知県から全国へ旋風を起こし続ける