恵比寿 マスカッツ年間MVPに川上奈々美
昨年9月に応募総数約5000人の中から勝ち抜いたセクシー女優やグラビアアイドル、モデル、一般女性などで結成されたアイドルグループ「恵比寿 マスカッツ」が、12日(金)に東京・恵比寿リキッドルームにて、全国ツアー「全国暴走ツアー2016~タイホしちゃって~」ツアー最終公演を行った。 この日は、ツアー最終公演ということに加え、全国ツアーで唯一メンバー全員(※)が参加するプレミアム公演ということもあってチケットは早々に完売。会場には1000人のファンを集めた。 登場したメンバーは、今年5月に発売した2ndシングルから『バイバイダーリン』『Sexy Beach Honeymoon』『ビビる-Bodyで-Boo』の3曲を立て続けに披露し、会場を大いに盛り上げた。 終盤、お笑い芸人・オラキオ(38)が突如登場し、横浜公演と大阪公演で愛の告白をしたものの断られたメンバーの夏目花実(22)に、再度愛の告白をするもあえなく撃沈。すると断られたオラキオは、湊莉久(23)と田森美咲(24)に次々と告白。夏目と同様に告白を断った湊に対し、あっさりと告白を受け入れた田森の予想外の行動に会場は爆笑に包まれた。 本編の最後の曲として、再度2ndシングルより『Sexy Beach Honeymoon』を披露し終わると、自然と会場からアンコールが巻き起こり、アンコールに突入。 アンコールでは、番組MCを務めるオアシズ・大久保佳代子(45)がサプライズで登場。 登場した大久保より、メンバーへのサプライズ企画として「恵比寿★マスカッツ 2016 年間MVP発表」が告げられると、メンバーからは驚きの声が上がった。 年間MVPの発表を前に、「技能賞」に小島みなみ(23)、「敢闘賞」に田森美咲(24)と三田羽衣(25)が発表された。 受賞した小島みなみは「まさか自分が技能賞をもらえるとは思わなかったので、もの凄くハピネスな気持ちで一杯です」と涙ながらに語り、田森美咲は「“アミューズだからできない”と言われるのが悔しかったので、今後も言われないように頑張ります!」と意気込みを語り、三田羽衣は「皆様の支えがあってここまで来る事ができました。マスカッツに入る事ができて人生で一番幸せです」と語り、会場から温かい歓声を受けた。 そして、栄えある年間MVPの発表。大久保から「副キャップ・川上奈々美」の名前が読み上げあられると、会場からこの日一番の声援が飛んだ。声を震わせながらも涙を堪えた川上奈々美(23)は、受賞の感想を求められると「改めて副キャップに選ばれて嬉しかった。もっと素敵な景色をファンの皆さんにお見せできるようにメンバーみんなで頑張るので、これからも応援宜しくお願いします!」と、ファンに力強く想いを語った。 最後は出演者全員で『Sexy Beach Honeymoon』が披露され、ツアー最終公演を締めくくった。 ※「星野ナミ」は都合により、「永瀬あや」は産休中のため、「さくらゆら」は海外留学中のため欠席。