NMB48は渡辺美優紀の卒業でどう変わる?
NMB48が大きな転換期を迎える。初期からNMB48を山本彩と共に支えてきた、渡辺美優紀が卒業をしたからだ。みるきーの愛称で絶大な人気を誇り、総選挙の最高順位も12位とAKB48グループの中でも高い人気を誇り、名実ともに「NMB48の顔」として人気拡大に貢献してきた。 その渡辺美優紀が卒業をすることで、NMB48はどう変わるのか? 不動のエースとして選抜を務めてきた渡辺がいなくなることで、様々な仕事の選抜枠が空くことになる。ここ最近、選抜が固定化していると言われているNMB48においては、新たな可能性を作り出す枠になるだろう。特に、再度注目を浴びている城恵理子の復活が期待される。また、もちろん城恵理子だけでなく、他の若手メンバーを抜擢することで、新陳代謝を行い新たなスター候補を見つけるキッカケにもなるだろう。 さらに、渡辺の卒業をキッカケに、山本彩と共にセンター候補として渡辺に変わる存在を探しだすことも急務となる。特に、8月26日に神戸ワールド記念ホールにて行われるコンサートタイトルが「いつまで山本彩に頼るのか?」に決定するなど、「山本彩のライバル」争奪戦はすぐにでも始まらなければいけない。現時点では、白間美瑠、須藤凛々花など数名が名乗りを上げている。センター争いが、そして「山本彩越え」がメンバー間で意識されることで、一気にNMB48は次のステージに進むことが出来るだろう。 今回の渡辺美優紀の卒業は、間違いなくNMB48にとって大打撃だといえる。しかし、そんな大きな穴だからこそメンバーが意識を変えなくてはいけない。 その意識の変革は、人気、活動ともに「山本彩への依存」を脱却するもので、今回の渡辺の卒業が改めてその危機的状況を浮き彫りになった。 今までは、「関西圏での人気は高い」と言われる続けたNMB48。しかし、華やかな見た目、ダンスのクオリティ、楽曲の良さなど、もっと全国区での人気を拡大しなければオカシイ程に、グループとしてのレベルは高い。 良くも悪くも、2016年後半はNMB48に注目が集まる。このピンチを、チャンスに変えることが出来るか?今後のNMB48に取って試練の年となりそうだ。 写真(C)NMB48