指原莉乃のじゃんけん大会終わる「悔しいので卒業も視野に」
10月10日に神戸・ワールド記念ホールで開催が決まっている「AKB48グループじゃんけん大会」の予備戦が、11日(木・祝)と13日(土)に行われるが、ニコニコ生放送ではその予備戦の模様を独占生中継した。 今年の予備戦は、例年行われていたステージイベントは設置せず、幕張メッセのバックヤードで行われ、11日にはSKE48、NMB48、HKT48、NGT48各々のグループの研究生を始め、AKB48所属以外(研究生とチーム8は除く)の各グループが本選出場を掛けて勝負に臨んだ。 HKT48予備戦に登場した指原莉乃は、初戦で深川舞子に快勝。つづけて2回戦は筒井莉子と合いまみえた。筒井は「チームK IIに昇格させていただいて初めてのじゃんけん大会なので頑張りまーす」と初々しい笑顔を見せると、指原は「今までで一番手強い。(大島)優子よりも手強い。最近ちょっと大好きなので、こういう”ウザい”感じが。頑張ってほしい」と親心な一面も見せ、勝負に挑んだが完敗。「悔しい!悔しいよぅ~!」と泣き真似する指原。さらに「悔しいので、卒業も視野に入れたいと思います」とうなだれた。 今後の対戦の見どころを聞かれると「誰かが幸せになってほしい」とメンバーへの深い愛が感じられる言葉でエールを贈った。 写真(C)AKS 『AKB48グループ じゃんけん大会2016予備戦』1日目 独占生中継