高木里代子と三代目パークマンサー参戦のOS☆Uユニット対決が益々熱い
名古屋・大須商店街発のアイドルグループ OS☆U の派生ユニット 「Lady Note from OS☆U」と「まねきねこ from OS☆U」の両ユニットが8月10日に発売したミニアルバム『愛してジャジー』と『アモーレ アモーレ!!! ~ヒトナツコイ~」』が、8月9日付のオリコンデイリーアルバムチャートで4位(まねきねこ from OS☆U)と5位(Lady Note from OS☆U)を記録。同発売日で同じアイドルチームが共に5位以内に入るのは史上稀にみる快挙であり、しかもその差は20ポイント。次作のセンターをかけた、来週発表のアルバム週間ランキングの戦いから、益々目が離せなくなってきた。 Lady Note from OS☆Uのリード曲となる『愛してジャジー feat.高木里代子』は、名古屋ジャズ界超一流のレジェンド達を率いて高木里代子がフルサポートした”本物の音”と“グルーブ”をいかんなく発揮し、高木里代子のキャラクター同様、見かけのインパクト、音楽はホンモノ!というギャップ作品に仕上がっている(といっても、まずは映像に釘づけだが…)。カラオケで歌いたくなるキャッチーなフレーズにも注目したい。さらに同ミュージックビデオでは清純派アイドルとセクシーピアニストの奇跡の化学反応により、アイドル界でもギリギリの禁断・過激な映像に仕上がっている。 9日から開催中の「Lady Note from OS☆U」と「まねきねこ from OS☆U」が対決しているインストア祭り。10日には”エロすぎるジャズ・ピアニスト高木里代子と”そうだよアホだよ♪”で再ブレイク中の三代目パークマンサー(軟式globe。’14)がお互いのチームを盛り上げるべく参戦。「Lady Note from OS☆U」と「高木里代子」は妖艶な衣装に本格的なジャズとアイドルポップを融合させたハイレベルなステージを披露。対して「まねきねこ from OS☆U」と「三代目パークマンサー」は、一糸まとわぬダンスに、ところ狭ましと動き回る三代目パークマンサーの予測不可能な動きとアホさで観客を圧倒。昼夜計2回行われた競演は平日ながらも集まったオーディエンス達を魅了し大盛況のうちに幕を閉じた。 引き続き、14日まで行われる「インストアライブ祭り」次回CDのセンターをかけた天下分け目のOS☆Uチーム対決。果たして勝者はいかに? ファンのみならず是非、会場に足を運んで彼女たちの熱く過酷なガチンコ対決を直接自身の目に焼き付けて欲しい。 <高木里代子コメント> 「今回、Lady Note from OS☆Uの皆さんとコラボをさせてもらい、音楽的にもアイドルポップとジャズの新たな化学反応が面白かったけれど、今回は初めて彼女達とのライブが出来、レディノのメンバーみなとお話や交流をする中、彼女達一人一人が溢れる個性と可愛さ、若さ、パワーをもっていて、長年ジャズや音楽をやってきた私の活動の中でも、新しい刺激をもらえたイベントでした。新たなエネルギーの源(と麗しい若いエナジー、笑)を、みんなありがとう…!?とっても楽しかったです。対抗チームのまねきねこさん&パークマンサーさんの楽曲もとても素晴らしかったし、この先も、レディノ&高木チームも、今回のコラボをきっかけとして、新たな挑戦をしながら、皆さんに楽しいエンターテイメントをお届け出来るように頑張って行こうね? まずはメンバーのみんな、スタッフの皆さん、パークさん、そしてオスラバの皆さん!ありがとうございました、そしてお疲れ様でした…!!」 <「Lady Note from OS☆U」リーダー清里千聖コメント> 「初日は5位でまねきねこに20P差で負けてしまいましたが、逆に火を付けて頂いてありがとうございますって感じです。アイドル=ジャズで挑戦してきた私たちのこの姿勢を皆さんにも最後まで見ててほしい!!今日までインストアに出演して頂いた高木さんに分まで頑張ります!!絶対勝ったるでー☆