知英ブロードウェイミュージカル 初舞台で主演に抜擢
2016年9月23日(金)~10月2日(日)まで、天王洲 銀河劇場にてブロードウェイミュージカル「スウィート・チャリティ」の上演に先立ち、8月7日渋谷・セルリアンタワーにて製作発表が行われた。 当日は主演の知英、平方元基、岡幸二郎、上演台本・演出・振付の上島雪夫、音楽監督の玉麻尚一が登場、それぞれ意気込みを語った。 『スウィート・チャリティ』 は、1966年にブロードウェイで上演され、1968年にはシャーリー・マクレーン主演で映画化もされた大ヒットミュージカル。時代を超えてもなお愛され続ける本作の魅力は、王道のジャズからファンキーなナンバー、切ないバラードまでがたっぷり詰まった音楽と華やかなショーシーンだ。 今回、この名作の振付・演出を担うのは、ミュージカル界を牽引する上島雪夫。そしてヒロインの”チャリティ”役には、パワフルな歌とダンスを武器に舞台初挑戦・初主演となる元KARAの知英が務める。知英演じる”チャリティ”は、愛を求めては傷つき、それでも負けずに立ち上がるとてもチャーミングで誰もが愛さずにはいられない役柄。また、今回の製作発表には、ビジュアル撮影を担当し、知英の写真集も手掛けたレスリー・キーが知英の未公開写真10枚を特大パネルにして製作発表の会場を華やかに飾った。 <知英コメント> 「ミュージカルは女優を始めた時からの夢だったので、こんなに早く実現できるとは思わなかったのでとても嬉しいです。初めてミュージカルに挑戦するので不安ばかりでどうすればいいか分からない状態ですが、先輩方に教えて頂き頑張っていきたいと思います。まだ歌稽古が始まったばかりで、今はセリフを覚えるのに頭がいっぱいですが、毎日歌を聴いたりスウィート・チャリティの映画を観てどういう風に自分が演じられるかイメージしています。」