独自の進化を遂げるAKB48チーム8の魅力とは?
AKB48グループの中で、グングンと人気を急上昇させているチームがいる。AKB48チーム8だ。トヨタ自動車のサポートを受け活動しているチームとして、独自の進化を遂げている。 豊洲PITにて開催された「エイトの日」も大盛況に終わり、いま最も注目を集める「アイドルグループ(チーム)」となっている。 人気の理由はなにか? そもそもこのチーム8は「47都道府県代表メンバー」が所属している、世界でも珍しいチームとなっている。まだ方言が抜けていないメンバーも多く、その「萌え方言」は多くの中毒者を集めている。 また、都道府県代表ということでほとんどのメンバーが地方出身者ということになり、そのせいかおっとりとしたメンバーも多く、しのぎを削るAKB48グループの中で独特な雰囲気を持っている。しかし、なぜか「大運動会」では闘志をむき出しにして優勝を狙うというおかしな現象も起きるのだが…、そのあたりもまた、チーム8の独自性を演出している。 今回の「エイトの日」にて、多くのメンバーのパフォーマンスを確認できたが、見るたびにレベルが上がり、全員揃っての練習がなかなかできないと思われる中でも、しっかりと個人個人のスキルを上げ、チームとしての完成度を高めている姿が見て取れた。そういった努力が目に見えてライブやイベントで感じ取ることが出来、成長体験を一緒にできるものチーム8の魅力だ。 例えば、「エイトの日」では果敢にも小田えりな、長久玲奈、高橋彩音にて乃木坂46『君の名は希望』をギター、ピアノの生演奏で挑戦。若干、失敗した場面もあったが、そういった「未完成」な部分も含めてチーム8の魅力の一部になっている。 「会いに行くアイドル」をコンセプトにしたチーム8、「チーム8単独全国ツアー」や各地でのイベント出演も積極的に行い、今年は更にパワーアップしそうな勢いを感じる。 AKB48グループを引っ張る存在になれる可能性を秘めたチーム8の今後に期待したい。