指原莉乃へチーム8倉野尾が「総選挙への挑戦状」?
“8 月8 日はエイトの日”。AKB48チーム8の祭典「夏だ!エイトだ!ピッと祭り」が東京・豊洲PITで行われた。今年のエイトの日は、「朝PIT」「おやつPIT」「夜PIT」の3公演。チーム8 47 名が3 チームに分かれ公演を行った。 早坂つむぎ・佐藤朱・岡部麟・佐藤栞・歌田初夏・橋本陽菜・近藤萌恵里・永野芹佳・太田奈緒・山本瑠香・中野郁海・行天優莉奈・高岡薫・吉田華恋・倉野尾成美・谷口もかの16名が担当した「朝PIT」では、ライブ開始前に、今年の選抜総選挙でチーム8最上位の34位に入った倉野尾がセンターを務める、その名も『黄金センター』からスタート。 さらに倉野尾(熊本県代表)が指原莉乃(HKT48)のソロデビュー曲『それでも好きだよ』を披露。指原の当時の衣装を爽やかな青で再現し、キュートに歌い上げた。観ていた早坂は「選抜1位連覇の指原さんのソロ曲をね、敢えてなるちゃん(倉野尾)が歌うことで、なるちゃんの「指原さんへの挑戦状」に思える」と煽り、会場を熱くさせた。 また横山結衣・谷川聖・本田仁美・髙橋彩音・吉川七瀬・小栗有以・小田えりな・野田陽菜乃・北玲名・長久玲奈・濱咲友菜・下尾みう・濱松里緒菜・廣瀬なつき・福地礼奈・宮里莉羅が登場した「おやつPIT」と題された昼の公演では、小栗(東京都代表)が渡辺麻友(AKB48)のソロデビューシングル『シンクロときめき』を披露、会場を大いに沸かせた。奇しくも、今年の選抜総選挙で1位、2位に輝いた、AKB48グループの頂点2人のソロデビューシングルを、総選挙でチーム8初のランクインを果たした倉野尾と、チーム8の中で俄然注目を浴びる小栗が歌ったことで、ある種世代交代を予感させる選曲に、次回の選抜総選挙へのチーム8としての「挑戦状」と捉えても良いのではないだろうか。今後のチーム8から目が離せない。 (C)AKS