NGT48日本最大規模のアイドルイベントで「ピカイチのパフォーマンス」宣言
ついにNGT48が、TOKYO IDOL FESTIVALに初参加した。 昨日開催された第2回AKB48 グループチーム対抗大運動会では、NGT48チームNIIIが総合優勝。その勢いをそのまま台場の地にて発揮するのか?注目が集まった。 前ステージを飾ったSKE48の爆発的な盛り上がりの余韻が残る中、『overture』NGT48ver.が鳴る。キャプテン北原里英を先頭にメンバーが全員整列。誰もが耳馴染のあるイントロが響くと、北原は「今日はお手柔らかにお願いいたします」と一言述べ一礼。スタートナンバーは『言い訳Maybe』。北原の謙虚な言葉と態度とは裏腹に、NGT48は初のTIFで、完全に話題と空気を掻っ攫う気なのが手に取るように分かる選曲だ。続くも『Everyday、カチューシャ』『重力シンパシー』と、鉄板で盛り上がるナンバーを立て続けに投下。センター北原を軸に、加藤美南、中井りかの華やかさ、どこにいても必ず目を惹く荻野由佳の全力ぶりと本間日陽のダイナミズム、西潟茉莉奈の落ち着き払った姿に、一人涼やかな空気を生み出す山口真帆の存在感……と、全員が各々の個性を発揮し、ステージを彩っていく。それでもバラバラにならず、むしろ個と個がぶつかり合いとてつもない塊となり勢いを生み出す。北原という精神的支柱を軸に、見事なチームとして成長を遂げた姿をわずか3曲で見せていく。 曲終わり、グループ紹介を含めたMC。ここでも止まらない。本間日陽が「TIFは総勢300グループが出るそうですが、NGT48はその中でもピカイチのパフォーマンスをしたいと思います!」と語気を強め語ると、北原も続けざまに「この会場にいる色んなグループのファンの方を片っ端からNGT48に推し変してもらえるように頑張りたいと思います」と、宣言。 熱い一言を裏付けるように、荻野をセンターに添え『NGT48』へ。どこにも負けない!という気合を感じさせる前のめりなステージングで、さらに距離感を詰めていく。しかし、続くMCではマイペースぶりを発揮。山田野絵のパントマイム、小熊倫実のノンビリした早口言葉、中井の自称・伝統芸能“釣り芸”と、ゆるさ全開の展開でホッコリさせているく。これでは終われないとばかりに、加藤のアクロバットも飛び出した『ヘビーローテーション』、『君のことが好きだから』では中井をセンターに置き、爽やかさをまき散らし、『大声ダイヤモンド』まで一気に駆け抜けていく。 ラストナンバーはもちろん、オリジナル曲『Maxとき315号』。まさに白の衣装のイメージ通り、清廉さきらめく名曲をエモーショナルさも併せたステージングを披露し、初のTIFのステージに幕を閉じた。 昨日に引き続き今の勢いが本物だと自らで証明したNGT48。遂に今年、本格始動となる彼女たちは、このままの勢いで駆け抜けてくれることだろう。 浦TIF 2016 ライブの部 他 『TOKYO IDOL FESTIVAL 2016』3日目 DOLL FACTORY生中継