ベイビーレイズJAPAN TIFで熱狂パフォーマンス
ベイビーレイズJAPANが、8月6日(土)、世界最大規模のアイドルイベント「TOKYO IDOL FESTIVAL 2016」の「HOT STAGE」(Zepp ダイバーシティ東京)に登場。そのステージ上で、主催フェスである「EMOTIONAL IDOROCK FES. 69時間パーティー! パーティー!! ファイヤー!!!」の出演者第4弾を発表した。 今回発表されたのはGacharic Spin、GEM、9nine、生ハムと焼きうどん。今まで発表のあった、AMEMIYA、大阪☆春夏秋冬、がんばれ!Victory、Qaijff、清 竜人25、ザ・チャレンジ、SABOTEN、鶴、DJ ダイノジ、PASSPO☆、PAN、ひめキュンフルーツ缶、ベイビーレイズJAPAN、山崎あおい、リアクション ザ ブッタ、LIFriends(50音順)と合わせて計20組だが、まだ話題の出演者が控えているとのこと。「EMOTIONAL IDOROCK FES. 69時間パーティー! パーティー!! ファイヤー!!!」はベイビーレイズJAPANのデビュー4周年を記念して企画されたイベントで、新宿ReNYにて10月6日から9日にかけて69時間にわたって行われる。 この日のライブは、東京五輪正式種目に決定し、話題となっている「BSジャパン 女子ソフトボール中継テーマソング」の新曲『シンデレラじゃいられない』からスタート。続いて『S.O.K』と勢いのある楽曲を続けて披露し、会場を一気にヒートアップさせた。 MCでは、大矢梨華子から主催フェスの第4弾出演者が発表され、歓声が上がるなか、「私たちの主催フェスも、(いつか)このTOKYO IDOL FESTIVALさんくらい大きくしたいなと思います!」と意気込みを語った。『Baby Kiss』が始まり、傳谷英里香の「もう、私の中ぜんぶ君になっちゃうよっ!」との萌え台詞にさらに会場が熱狂。『虎虎タイガー!!』『ベイビーレイズ』『夜明け Brand New Days』と一気に畳み掛け、満員の会場を大盛上がりにしてメンバーはステージを後にした。 ベイビーレイズJAPANは、前日の8月5日から全3日間「TOKYO IDOL FESTIVAL 2016」に参加し、イベントを盛上げていく。9月21日には、今回披露した『シンデレラじゃいられない』『虎虎タイガー!!』『夜明け Brand New Days』を含む、2ndアルバム『ニッポンChu!Chu!Chu!』が発売。主催フェスに向けて、ますます勢いを増すベイビーレイズJAPANに注目していきたい。