天木じゅんTGIFに登場「きょうは乳のポテンシャル良い!」
8月5日(金)、6日(土)、7日(日)と3日間に渡って東京台場・青海周辺で開催されている「TOKYO IDOL FESTIVAL」。今年からはグラドルの祭典「TOKYO GRAVURE IDOL FESTIVAL」も併催され、人気グラビアアイドルが勢揃いしている。 チェキ撮影や水鉄砲ゲームなどのほかに”トークの部”も開催され、6日2回目には天木じゅん、白川花凛、塚本舞、西村ケリー、真奈、宮部すず(ぽすてぃこ)が登壇。それぞれ個性的な水着姿で登場すると、会場は一気に華やかに。 1回目の”トークの部”ではリオ五輪開幕に因み、”グラドル重量挙げ”と銘打ち、20kgを超える袋を水着姿で持ち上げるといううれしい企画に、ミスFLASH2015の豊田瀬里奈などが挑戦し盛り上がったが、2回目はエピソードアンケートをもとにウラ話などが披露された。 白川が失敗談としていきなり「レギュレーションが分からず、ファーストDVDから限界まで出してしまった」と暴露。グラビアDVDを発売する際は、ここまでは良い、これはNGなど事細かにチェックする。そのことに関しては全員が「ありますあります」とうなずき、塚本が「もうミリ単位の打合せをします。布の面積をミリ単位でせめぎ合わないといけないんです。グラビアアイドルは」と苦労を告白。さらに「制作会社によるんですよ。悪いおとなの方だと”これが普通だよ”って(レギュレーションを)低くされがち」とギリギリのトークで会場を沸かせた。ちなみに白川は「泡だけでバストを隠す「泡ブラ」をやらされた」という。「誌面とかでよくありますけど、動画はないですね」と天木も驚いていた。 そんな天木は「乳のポテンシャルは、今日のポテンシャル」という名言をアンケートに記入。「胸のハリがある日は、グラビア撮影が(上手く)キマったりします。柔らかい日と、ハッてる日とあります」と答えると、塚本も「コンディションによります」と同意見だいう。「女の子なんで、女の子らしいボディの時と、そうでない時があるんです」とドキドキ発言。「今日は乳のポテンシャルがいいんですよ!」と笑う天木に対し、塚本は「今日はあんまりなんですよー。今日は柔らかくて水着がズレがちなので、気をつけないとなって感じです」と応え、会場がどよめいた。 個性派西村ケリーはペルー出身のグラドル。スペイン語ほか英語も堪能な才女だ。自己紹介では「ケリーと言う名前でペルー出身なので、大体のひとは”ペリー”って覚えちゃいます!どっちでもいいので覚えて帰ってください」と笑顔を見せた。「ペルー出身て言うと”ペルーってどこ?”って言われて、”ブラジルのとなり”って答えたら、”あーあの細長い国ね”って”それチリだから”って大体こうです」と”ペルーあるある”も飛出し笑いを誘った。