大原櫻子 全会場ソールドアウトのツアーがスタート
初の紅白歌合戦出場後に20歳を迎え、6月1日にリリースした5枚目のシングル『大好き』がオリコンウィークリーチャート5位、さらには6月29日にリリースした1年3ヶ月ぶりとなる2枚目のアルバム『V(ビバ)』がオリコンウィークリーチャート3位を獲得、そして現在フジテレビ系”月9ドラマ”「好きな人がいること」へ出演中の大原櫻子が、自身最大規模の全国ツアー「大原櫻子 CONCERT TOUR 2016 ~CARVIVAL~」を厚木市文化会館よりスタートさせた。 今回で3度目となる全国ツアーも全会場ソールドアウトとなり、初日、厚木市文化会館はこの日を待ち望んだファンで満員となった。会場には、本ツアー開催を記念してファンクラブ会員から募集した”「V(ビバ)」な写真”によって構成されたモザイクアートが飾られ、それを背景に写真を撮るファンが多く見受けられた。 そして遂にライブがスタート。大原は「”大原櫻子 CONCERT TOUR 2016 ~CARVIVAL~”へようこそ!ホールツアー初日、たくさんの方にお越し頂いて嬉しく思います。お忙しい中、そして暑い中ありがとうございます!」と挨拶し、「厚木は初めて来るんですよ!プライベートでもお仕事でも来たことなくて。今日は賑やかなライブにしていきたいと思うので、最後までよろしくお願いします!」と会場とコミュニケーションを取りながら、ライブを進行。 『瞳』、『真夏の太陽』といった代表曲の中に、2ndアルバム『V(ビバ)』の収録曲が加わることにより、盛り上がる場面もあれば歌を聞かせる場面もあり、これまでのライブにはなかった演出やステージも含め、まさに”今の大原櫻子”を魅せるライブパフォーマンスに期待が高まるツアー初日となった。 尚、このツアーは自身最大規模となる全16公演を行った後、2016年10月4日、5日に日本武道館2Daysにてツアーファイナルを迎える。20歳を迎え、歌手/女優業ともによりグレードアップした新たなフェーズにぜひ注目してほしい。 カメラマン:宮家和也