NMB48を変える「次世代メンバー」のバランスの良さに注目
中心メンバーだった渡辺美優紀が卒業をすることで、大きな転換期を迎えるNMB48。 8月26日(金)には「NMB48 コンサート2016 Summer ~いつまで山本彩に頼るのか?~」という、山本彩以外のメンバーには、試練となるコンサートまで控えている。 そんなNMB48が、コンサートに先駆け一足先に15枚目のシングル『僕はいない』発売記念イベントを8月5日、山本彩不在の中タワーレコード渋谷店にて開催。 参加メンバーは、太田夢莉、須藤凜々花、白間美瑠、矢倉楓子、渋谷凪咲、薮下柊という次のNMB48を引っ張っていく「次世代メンバー」が集結した。 このイベントは、同日に計3回行い、各回400人のファンを集めた。確かに今までも、イベントではずば抜けて仕事の多い山本彩が不在の事はあった。しかし、今回のコンサートタイトルが発表されてからのイベントということで、注目度は非常に高まった。 まず、イベントを見て感じたことは、この6人のバランスの良さだ。この日のイベントでも、ニコニコしながら次々とボケを連発する渋谷、元気いっぱいに突飛のない発言行動をして場を盛り上げる薮下、トークのキレも良くしっかりと場をまとめる白間、無茶苦茶な発言のようでしっかりと計算しバランスを取る須藤、天然ボケが良いタイミングで出現する矢倉、そんなメンバーを見守りつつ要所で的確な発言をする太田。この6人が、絶妙なバランスでイベントを盛り上げていく。全員がライバル関係でありながら、足りないところをしっかりと補っている。 コンサートでもメディア出演でも山本彩が先陣を切ってトークをしていくだけに、なかなか他のメンバーのトークを聞くことは限られた場所だけになってしまう。そんな中でも、この6人はそれぞれが役割を果たし、しっかりとイベントを作り上げることが出来る。 また、改めてそれぞれのビジュアルの良さが目立つ。グラビアでも活躍し人気も高まっているメンバーたちだけあって、スタイルもよく見た目のインパクトが非常に良い。この日、イベント会場に女性ファンが多かったのもこういったビジュアル力の高さが武器になっているからだろう。 今回のイベントは、山本彩がいなくても大盛況で成立していた。 「いつまで山本彩に頼るのか?」 この答えはきっと、この6人が中心となり示してくれるのだろう。