女子中高生グループJ☆Dee’Z、新曲発売イベントで大粒の涙
8月3日(水)に4thシングル『Dream Arch』をリリースした、全員が2000年代生まれの女子中高生ボーカル&ダンスグループJ☆Dee‘Zが、同日に原宿ストロボカフェで発売日記念イベントを開催した。 2016tvk高校野球神奈川大会中継テーマソングに選ばれ、爽やかな青春応援ソングとなっている。 元々ダンスグループとして活躍していたJ☆Dee’Zにとって、ダンスをしながら全て生歌でコーラスまで歌うという試みは、とても大きな壁として立ちはだかった。4月からスタートした強化合宿では、過酷なトレーニングとハードルの高いチャレンジに、上手くいかずに涙を流すことも多かったという。そんなJ☆Dee’Zにとって、諦めかけた時にいつも背中を押し励ましてくれたのが、この『Dream Arch』の楽曲であった。 メンバーたちの熱い想いのこもった『Dream Arch』のリリース日。発売日記念イベントと銘打って開催されたこのイベントでは、ライブだけではなくレギュラーラジオの公開収録も行われており、『Dream Arch』の発売をお祝いしようと開場前から多くのファンが駆け付けていた。 ライブパフォーマンスでは、カップリングに収録されている『Feel Good』も初披露され、3人に綺麗なハーモニーに大きな歓声が沸いていた。そして、イベント終盤。ラスト『Dream Arch』の披露の前に、メンバー最年長のMOMOKA(16才)からサプライズで手紙が用意されていた。 「普段はなかなか恥ずかしくて言えないことを、今日はリリースイベントなので手紙で伝えたいと思います。」という言葉で始まった手紙には、メンバーであるMeikが怪我で休養となり3人で活動することが決まった時の不安な気持ちや、一時期活動が出来ずグループの存続危機があったこと、今まで以上に本気でトレーニングに取り組んだ日々のことなどがありのままに語られた。メンバーであるami(15才)とNono(15才)に向けても、「今回はダンスに加えて、全て生歌でライブを披露するという新しい挑戦も生まれて、本当に沢山の壁がありました。まだまだ乗り越えなければいけない壁もあるけど、いつも辛い時や苦しい時に支えてくれたのはメンバーでした。二人がいなかったら乗り越えられていなかった、本当にありがとう。」と普段は言えない感謝の気持ちを涙ながらに伝え、メンバーも涙をこらえきれずに大粒の涙を流していた。 「“いつか夢に届くように。”『Dream Arch』の曲のように、もっともっと積み上げて大きくなれるように頑張ります!これからもJ☆Dee’Zについてきてください!」そう集まったファンへ力強く宣言をすると、その言葉に答えるかのように熱い声援が鳴り響いていた。沢山の想いが詰められた『Dream Arch』を最後に披露をし、大歓声の中発売日記念イベントは幕を閉じた。