浅川梨奈が魅惑のグラビアで語る「アイドル」
「1000年に1度の童顔巨乳」としてグラビアでも大人気のSUPER☆GiRLS浅川梨奈。自身が人気アイドルでありながら、アイドル好きとしても知られる浅川。魅力的なグラビアと共にアイドル話を「FLASHスペシャル グラビアBEST2016盛夏号 (FLASH増刊)」で披露している。 ―かなりのアイドル好きだそうですが、最初に好きになったアイドルは誰なんですか? 小学2年生のころにAKB48の『軽蔑していた愛情』のMVを観て、たかみな(高橋みなみ)さんの大ファンになったんです。もうそれからは夢中になって、従姉妹やお母さんと一緒に握手会や劇場公演にもよく行ってました。 ―アイドルファンから、アイドルになったきっかけは? AKB48はずっと好きだったんですけど、2010年に結成された「SUPER☆GiRLS」(以下、スパガ)も好きになって。小学6年生のときにスパガの生誕1周年ライブを観に行ったんです。その日“ストリート生”(以下、スト生)っていう研究生的な人たちがお披露目されたんですけど、ライブ中にスパガの後ろで踊ってるスト生と、スパガのメンバーの目が合ってるのが見えたんです。それにすごくやきもちを焼いて、ずるい! 私も目を合わせたい! って思ったのがきっかけです(笑)。それで翌年、スト生3期生のオーディション受けたら…、合格しちゃいました(笑)。 ―2014年にスト生から、あこがれだったスパガに加入して、グループアイドルとして活動していた浅川さんが、昨年、突如グラビアに挑戦したのは何か理由があったんですか? 一昨年のたかみなさんのソロコンサートに行ったときに、ご挨拶させていただいたんです。そのとき、いつか一緒に仕事できるように頑張ります! って、伝えたんですよ。そしたら、年末に卒業発表があって。たかみなさんの卒業までに共演したい!っていう目標が出来たんです。でも当時の自分は、どう見てもそのレベルになってなくって。もうあまり時間がないし、そのためにできることってなんだろうって考えてたときに、ちょうどグラビアのお話をいただいたんです。 インタビューの続き、そしてその他のグラビアは「FLASHスペシャル グラビアBEST2016盛夏号 (FLASH増刊)」で。Amazonで購入はクリック その他のAKB48グループ情報は、SmartFLASHで