指原莉乃 オリンピックでは「筋肉絶対見る」宣言
HKT48指原莉乃が、さまざまな物事の秘密を深く探る情報バラエティー番組「指原(さし)ペディア」(NHK)。 今回、リオ五輪を少し変わった視点で見てみようという趣旨で、ずばり「筋肉」からオリンピックを見るという。ゲストには、古賀稔彦、岩崎恭子という金メダリストが登場という豪華な内容となった。 オリンピックの強化合宿で初めて筋肉トレーニングを取り入れたという岩崎。それまでは、筋肉を意識していなかったようだが、この筋トレが金メダルに貢献をしたようだ。岩崎が注目する選手として、池江璃花子選手をあげた。 また、古賀は実際に金メダルを獲得したVTRを見ながら、柔道に必要な筋肉を説明。下半身の筋肉が重要と話し、さらに注目する部分が足の指だという。 ここからは実際に、筋肉を見ながら、競技種目を当てることに。指原は、筋肉へのボディタッチを許され種目を当てていく。また、武井壮が登場し、日本最強の筋肉として室伏広治をあげる。簡単に言うとすべてがスゴイ、という武井。なんと、ここで父親である室伏重信が登場。室伏広治が9歳の時の映像も公開され、最強の筋肉の秘密が明かされた。 今年のオリンピック、指原は「今までで一番楽しみになった!筋肉絶対見る」と語った。