Dream5高野洸 主役舞台「BLEACH」で好演
舞台「ROCK MUSICAL BLEACH~もうひとつの地上~」が7月28日(木)、渋谷・AiiA 2.5 Theater Tokyoにて初日を迎えた。 開演を記念して、主役・黒崎一護役を務める高野洸をはじめ、甲斐千尋、崎山つばさ、遊馬晃祐、馬場良馬、美山加恋、猪野広樹、更に脚本・演出を務める堤泰之という、豪華な面々が登壇囲み取材に応じた。 今回、主役に抜擢された高野洸は「原作の「BLEACH」が完結するというタイミングで黒崎一護役で舞台に立てることに、本当に幸せを感じています。真夏より、熱い一護を演じられるように、皆さんに満足して頂けるように精一杯がんばります!」と、爽やかな笑顔でコメント。普段はDream5のメンバーとして、キレのあるダンスパフォーマンスを披露している高野らしく、劇中の殺陣シーンでは軽やかな身のこなしで観客を魅せた。 初日終演後のブログでは「まじで緊張した・・・」と本音を吐露。当日は、初代黒崎一護役を務めた、伊阪達也も来場したことも綴り、「伊阪さんの笑顔を観たときには涙が出そうでした!有難い言葉も沢山頂き、明日からも精一杯頑張ります!」と、コメント。新進気鋭の注目俳優・高野洸。今作の出演を経て確実なステップアップが感じられる彼から、今夏目が話せない。