映画「キセキ ーあの日のソビトー」松坂桃李演じるGReeeeN ジンの姿初公開
GReeeeNの名曲「キセキ」誕生にまつわる軌跡と奇跡を、松坂桃李&菅田将暉のダブル主演で描く輝石の物語、 映画『キセキ ーあの日のソビトー』(2017年新春全国公開)。 この度、松坂桃李演じるジンの姿が初公開された。GReeeeNの楽曲すべてのプロデュースを手がけ、GReeeeNのリーダー、ヒデの兄でもあるジン。今回、初披露された松坂桃李演じるジンは、グリーンの髪と口髭、ピアス、タトゥーをしたバンド時代の姿。父親との衝突を繰り返し、世の中への反発心さえ感じさせる表情が印象的だ。髪の色は、松坂桃李が自らの提案で、劇中では、メタルバンド「ハイスピード」のボーカルとして、松坂自身が歌うシーンもある。そんなミュージシャンとしての活動に苦闘する日々が続く中、弟のヒデの才能に気づき、プロデュースを手がけることになる。 松坂は、映画化にあたり実際にJINに会い、「人を惹きつけ、運気を上げてくれそうな“パワースポット”のようなJINさん」と魅力を明かし、「そんな魅力的で、かつ実態が明かされていない実在の人物を演じることに責任を感じます」と意気込みを語ったが、そんな“松坂版ジン”がどのように描かれるのか。期待が高まるビジュアルとなっている。 本作は、GReeeeNの名曲『キセキ』の誕生のバックボーンとなる、ある兄弟の物語。GReeeeNのプロデューサー・JIN(ジン)を演じる松坂桃李と、JINの実の弟でGReeeeNのリーダー・HIDE(ヒデ)役の菅田将暉のダブル主演で、家族との衝突を経ながら、仲間と共に自分のやりたいこと、進むべき道を見つけ出し、前へと進んでいく姿を描きだす。 また、ヒデの恋人役・理香に忽那汐里、ジンとヒデの両親、医者であり厳格な父親・森田誠一役に小林薫、誠一や子供たちを支える心優しき母・珠美に麻生祐未、そして誠一の患者である結衣役には平祐奈が決定。さらに森田家の長女・ふみ役に早織、ジンの親友でありバンド仲間・トシオ役に奥野瑛太、同じくバンドのドラムに大村真司、ベースにはきあらが、レコード会社ディレクター・売野役に野間口徹ら、豪華実力派俳優陣が名を連ねる。 (C)2017「キセキ ーあの日のソビトー」製作委員会