BABYMETAL 聖地英国ウェンブリー・アリーナ単独公演 WOWOWで放送
ボーカル&ダンスのSU-METAL、ダンス&スクリームのYUIMETALとMOAMETALの3人によるBABYMETAL。2010年の結成以来、高い歌唱力とキレのあるダンス、様々なジャンルの音楽とメタルを融合させた楽曲で人気が上昇し、2014年からはワールドツアーも敢行。日本国内のみならず世界中から注目されるユニットへと成長した。 今年4月1日に世界同時発売されたセカンドアルバム『METAL RESISITANCE』は、オリコン週間ランキングで自己最高の2位を記録した他、全英チャートで15位にランクイン。全米チャートでは39位を記録し、坂本九以来53年ぶりにTOP40入りする快挙を成し遂げた。 アルバム発売の翌日、4月2日には、ビートルズやデヴィッド・ボウイ、クイーンなど多くのアーティストがライブを行ってきた聖地、英国・ウェンブリー・アリーナ(現・The SSE Arena, Wembley)でワンマンライブを開催。この場所で日本人アーティストが単独公演を行うのは初めてのこと。 開演時間となり、オープニング映像の後、神バンドの演奏が始まり3人が姿を現わすと、満員のオーディエンスから割れんばかりの歓声が。ライブは『BABYMETAL DEATH』で始まり、アップテンポな『あわだまフィーバー』『いいね!』『ヤバッ!』と続けて披露し、序盤から全力のパフォーマンスで観客の声援と歓声に応えた。 重厚なサウンドとキャッチーなメロディーがBABYMETALの特徴であり大きな魅力だが、楽曲タイプの振り幅はかなり広い。SU-METALがじっくりと歌い上げる壮大な楽曲から、YUIMETALとMOAMETALの息の合ったキュートなダンスやラップを織り交ぜた掛け合いが楽しいポップナンバーなど、3人の個性でファンを楽しませてくれる。 後半は、ニューアルバムから『KARATE』、そして代表曲の『イジメ、ダメ、ゼッタイ』『ギミチョコ!!』を繰り出した。そして、本編のラストは「THE ONE」の英語バージョンで締めくくり、そのタイトル通り会場が一つになった。鳴り止まぬ観客からの”BABYMETAL!”のコールに応え、3人が「BABYMEAL」と書かれた旗を振りかざし、再びステージに登場。『Road of Resistance』で観客1万2000人と大合唱となり、初のウェンブリーワンマンは大成功のうちに幕を下ろした。 この公演は、”METAL RESISTANCE”第4章の幕開けを飾るとともに、3度目のワールドツアーの皮切りとなり、全米ツアー、ヨーロッパツアー、そしてツアーファイナルとなる9月の東京ドーム公演2デイズへとつながる重要なステージ。その大注目のライブを今月31日(日)夜6時からWOWOWで独占放送される。世界を駆け巡り、進化を続けるBABYMETALの歴史的瞬間は見逃せない。 <WOWOW番組情報> 「BABYMETAL WORLD TOUR 2016 kicks off at THE SSE ARENA WEMBLEY」 7月31日(日)夜6:00[WOWOWプライム] 収録日:2016年4月2日 収録場所:イギリス・ロンドン SSEアリーナ・ウェンブリー