武井咲ドラマ「せいせいするほど、愛してる」謎の鍵を握る海里の妻役は木南晴夏!
TBSで火曜よる10時から好評放送中の、火曜ドラマ『せいせいするほど、愛してる』。本作は、ティファニージャパンの広報部に勤める主人公・栗原未亜が、自社の副社長であり既婚者の三好海里と恋に落ちる禁断の恋愛ドラマだ。 主人公の栗原未亜役に武井咲、未亜と恋に落ちる既婚者の副社長・三好海里役に滝沢秀明、そのほか、中村蒼、水沢エレナ、トリンドル玲奈、中村隼人、横澤夏子、GENKING、松平健ら豪華な面々が出演。また、ドラマはティファニーやジミー チュウなど有名ブランドとのコラボレーションが実現。さらにドラマ史上初めて迎賓館赤坂離宮でロケを行い、主題歌を松田聖子が担当する(作詞・作曲・編曲を務めるのはYOSHIKI)など、この夏、最も話題を集めている純愛ラブストーリーだ。 そしてこのたび、海里の最大の秘密を握る女、海里の妻・三好優香役として、木南晴夏の出演が決定した。 2001年に『第1 回ホリプロNEW STAR AUDITION』でグランプリを獲得以降、数々のドラマや映画に出演し、実力派女優として人気を博している木南。本日、7月26日よる1o時から放送となった第3話から出演、そして、第4話では海里と優香の過去がついに明らかとなる。 今回の出演にあたり木南は、「優香という役は、原作ではとても物分かりの良い奥さんだそうですが、どうやらドラマではそんないい人に演じさせてもらえなさそうです(笑)。まだ本性というか本質が見えてきていないので、私自身優香という役がどんなものを抱えているのか、今後気になるところです。未知数ですがきっと女性であれば共感を得られるような人物になるのではないでしょうか」とコメント。 優香が握る、海里の最大の秘密とは?優香の「女版冬彦さん」ばりのエキセントリックな行動にも注目だ。