冨田勲×初音ミク『イーハトーヴ交響曲』追悼特別公演「ドクター・コッペリウス」で演奏決定
今年11月に予定されている、先頃逝去した作曲家・世界的シンセサイザー・アーティスト冨田勲氏の追悼公演、「冨田勲 追悼特別公演 冨田勲×初音ミク『ドクター・コッペリウス』」の最新の公演情報とメインビジュアルが発表された。 「ドクター・コッペリウス」は、2016年5月5日(木)に他界した、世界的作曲家・シンセサイザー・アーティストの冨田勲氏が、上演を夢見て他界直前まで創作を続けていた舞台作品。 今秋11月11日(金)・12日(土)に、東京・渋谷Bunkamuraオーチャードホールで公演を実施することが決定している。他界前にストーリー原案と音楽の構想のほとんどを遺しており、冨田氏が長年追い求めてきた「宇宙への夢と希望」に満ち溢れた巨大なストーリーが、オーケストラとシンセサイザー、そしてバレエと3DCGを伴いながら展開される。宇宙へ飛び立つことを夢想する主人公コッペリウスと、それを叶えるべく異界からやってきた初音ミクが織りなすストーリーとなっており、小惑星イトカワ、そしてその先の未知なる星へ、宇宙を自在に行き来しながら展開される、時空を超えたスペースバレエシンフォニー。 バーチャル・シンガーの初音ミクを展開するクリプトン・フューチャー・メディア株式会社が全面協力し、3DCGの初音ミクと生身のダンサーを共演させ、冨田氏の集大成の舞台を彩る。 初音ミクと共演するコッペリウス役は、ドイツ名門ジョン・クランコバレエ学校で学び、アメリカのタルサバレエ団を経て日本に活動の場を移した、新進気鋭のダンサー・風間無限氏に決定。振付は辻本知彦氏が担当。コンテンポラリーダンサーとしても活躍し、日本人で初めてシルク・ドゥ・ソレイユにダンサーとして出演した経歴を持つ辻本氏。ミュージカルの振付・演出でも活躍する、世界レベルのアーティストが、この未知なる世界を演出する。 指揮はオペラ、バレエの分野で目覚ましい活躍を繰り広げる渡邊一正氏。演奏は、渡邊氏が2015年4月からレジデント・コンダクターを務めている、東京フィルハーモニー交響楽団が担当する。 さらに本公演では、「ドクター・コッペリウス」とともに、同じく初音ミクをソリストに起用したことで大きな話題となった、2012年初演の冨田勲氏の代表作「イーハトーヴ交響曲」も演奏することが発表された。冨田勲氏、晩年の大作2作品を同時に演奏する貴重な公演になる。