湊かなえサスペンス『望郷』珠玉の三編をオムニバスドラマ化 主演に、広末涼子、伊藤淳史、濱田岳が決定
テレビ東京「六本木3丁目移転プロジェクト」のドラマスペシャル企画として、湊かなえの傑作ミステリー短編集『望郷』から、「みかんの花」「海の星」「雲の糸」の珠玉の三編をドラマ化、それぞれ、広末涼子、伊藤淳史、濱田岳といった豪華俳優陣が主演を務めることがわかっった。 『望郷』は瀬戸内海に浮かぶとある島で生まれ育った人々の切なくも愛おしい人間模様を描いた連作ミステリー短編集で、中でも「海の星」は日本推理作家協会賞(短編部門)を受賞するなど、高い評価を得ており、待望の初映像化となる。今回はこの「海の星」を含む三編をオムニバスドラマ化する。 主演を務めるのは、3夜合計7時間の大作となったテレビ東京開局50周年特別企画ドラマスペシャル「永遠の0(ゼロ)」(2015年2月放送)の広末涼子、新人刑務官と死刑囚の“絆”を描いた問題作「モリのアサガオ」(2010年10月クール)の伊藤淳史、幅広い層から多くの支持を集めた「釣りバカ日誌~新入社員 浜崎伝助~」(2015年10月クール)の濱田岳の、テレビ東京のドラマの中でも特に印象的な作品で存在感を示した俳優陣3人。 広末涼子は、20年前に自分と母を島に残して、東京に行ってしまった姉をずっと恨み続けている主婦(みかんの花)、伊藤淳史は幼い頃に父が失踪し、母子家庭で育った島出身の会社員(海の星)、濱田岳は母が起こした事件のために辛い少年時代を送り、今では出身地を伏せて活動する人気アーティスト(雲の糸)を演じる。 実際に瀬戸内海の島で撮影された美しい風景の中で綴られる、切なくも愛おしい人間模様と、最後に鮮やかに明かされる衝撃の真実…。湊かなえならではの細やかな心情描写とその完成されたストーリーに期待が高まる。 他、豪華キャストは順次発表予定。 ◆「みかんの花」富田美里役・広末涼子 コメント:「 撮影中は、梅雨時期の不安定な天候に悩まされましたが、最終的には因島の燦々太陽と、 強い日差しの洗礼も受け、いろんな色の海を見せてもらいました。 その風景と湊かなえさんの世界観がきっと素敵な物語を彩ってくれていると思います」 ◆「海の星」浜崎洋平役・伊藤淳史 コメント:「今回、望郷に出演させて頂きました、伊藤淳史です。 僕自身、広島県の因島での撮影は、大変思い出深いものになりました。 生憎の雨でしたが、地元の方々や現場スタッフの皆さんに助けて頂き、とても楽しくお芝居をする事が出来ました。特にラストシーンは、とても印象に残っていて、早く完成した作品を見たいと、心待ちにしています。 ドラマの内容も、驚きや感動もある、サスペンスドラマになっています。 皆さん、是非ご覧ください。よろしくお願いします」 ◆「雲の糸」黒崎ヒロタカ役・濱田岳 コメント:「湊さんの世界観、そして初めて演じさせていただく役柄、緊張する要素が沢山あった中、監督はじめスタッフの皆様と共に、短い期間ではありましたが、丁寧に、臨ませて頂きました。「みかんの花」、「海の星」と合わせて、この「雲の糸」も応援して頂けると幸いです。」 ◆原作者・湊かなえ コメント 因島で生まれ育ち、現在は淡路島に住んでいます。 小説家として自分だから書ける物語は何だろう、と悩んだとき、それは「島」ではないかと思いました。瀬戸内海の小さな島で暮らす人たちが抱える問題は、そのまま、世界に目を向けた多くの人たちに通じるものがあるのではないか。そんな思いを込めて書いたのが、『望郷』です。ドラマ化に際し、「みかんの花」の撮影現場(因島)を見学させていただくことになりました。不安とむず痒さが入り混じった複雑な気分です。こんなところか、と役者やスタッフの皆さんは不自由な思いをされていないだろうか、がっかりされていないだろうか。しかし、現場に到着した途端、そんな思いは吹き飛びました。飽きるほどみていたはずの海を見下ろしながら、誇らしさが込み上げてきました。 広末さんをはじめ、役者の皆さんは完全に島の人でした。この言葉はこんな表情から出ていたのか、と短い場面の中にいくつもの発見がありました。 視聴者の方々も、ドラマを見ながら、白綱島の一員になっていくのではないかと思います。もがき、苦しみながらも、日々を懸命に生きていく人たちが、最後にそれぞれどのような光を目にするのか。今の私は原作者ではなく、オンエアを一番楽しみにしている人なのだと思います。 ◆あらすじ 「みかんの花」 富田美里(広末涼子)が暮らす白綱島市は全国で唯一残る一島一市だったが、対岸の市に吸収合併されることになった。市の閉幕式の会場で、美里は登壇した人物を食い入るように見つめていた。その人物は小説家の桂木笙子。20年前に島を出たきり、一度も帰ってこなかった憎き姉だ。なぜ姉は島を出たのか。なぜ戻ってきたのか。美里がある疑念を口にすると、重い口をようやく開いた笙子は、驚くべき事実を語り始めた…。 「海の星」 浜崎洋平(伊藤淳史)は高校時代の同級生、美咲から葉書を受け取った。20年前、洋平の父・秀夫が忽然と姿を消す。事故か事件かそれとも…。毎夜、母と一緒に父の行方を捜す洋平は、ある日、漁師の幸作と親しくなる。頻繁に洋平の家を訪れるようになった幸作とは、あることがキッカケで疎遠になってしまった。その娘の美咲が、最近父に明かされた話を伝えたいという…。 「雲の糸」 白綱島出身の人気歌手・黒崎ヒロタカ(濱田岳)は、7年ぶりに帰ってきた故郷で海に落ち、意識不明に陥った。有名になったヒロタカにとって、故郷は知られたくない過去だった。赤ん坊の頃に母の律子が事件を起こし、辛い少年時代を送った場所だったからだ。同級生の強引な誘いで島に戻ったヒロタカは、盛大な拍手や歓声に迎えられながらも居心地の悪さを覚えていた。彼はなぜ海に落ちたのか…? ◆プロデューサー・阿部真士(テレビ東京・編成局ドラマ制作部)コメント 湊先生も太鼓判を押してくれた豪華なキャスティングを実現しました。 「傑作短編集」に負けない「名作ドラマ」になったと自負しています。 透き通る海、青く抜けた空、香る草花と深く生い茂る山。 瀬戸内海の風光明媚なロケ地を背景に、「あっ!」と驚くサスペンスと、「まさか!」と 唸るミステリーと、心に刺さる人間ドラマをお贈りします。