AAA東京ドーム公演決定に「活動11年にしてAAAの最大の初体験」
AAAが京セラドーム公演に続いて東京ドーム公演も11月16日(水)に決定したことを発表した。福岡公演を皮切りに総動員数がAAA史上過去最高の21万人動員を記録した「AAA ARENA TOUR 2016 – LEAP OVER -」。 本ツアーのファイナルが7月24日(日)宮城セキスイハイムスーパーアリーナで行われ、アンコールMCで浦田が「ここで皆様に報告がございます。」と切り出す。モニターに「東京ドーム公演開催決定!!」の文字が映し出されると、追加公演として東京ドーム公演が決定したことを発表。 浦田は「京セラドーム2daysだけでも嬉しいのにこうして追加公演が出来るっていうのは本当にいつも応援してくれている皆様のおかげだと思っています!!ありがとうございます!!LEAP OVERは22公演やらさせて頂いたので、ここからFANTASTIC OVERに気持ちを切り替えていきたいと思っていますので、皆さん是非期待して待っててください!!」と決意表明とともにファンに感謝を述べた。 すでに発表されていた京セラドームはキャパを大きく上回る数字の応募があり、行けないファンも多数いることもあってか、会場も追加公演の発表に喜びの歓声に包まれた。コンサートは最後に『Wake up!』『MUSIC!!!』の爽やかなナンバーで駆け抜け、最後に浦田が「初日福岡から今日まで本当にたくさんのパワーを頂いて本当に皆さんがいなけれ ばやってこれないなというのを本当に心から実感しています。そして皆のおかげで京セラドーム、そして東京ドームという大きい会場で出来ることも本当に皆さ んのおかげだと思っています。これからも7人力を合わせて頑張っていきたいと思いますので、応援よろしくお願いします!!」とファンに感謝を伝えて5月か ら始まった全国9会場22公演のツアーに幕を閉じた。 東京ドーム決定についてメンバーからコメントが届いている。 【浦田】 「東京ドームという、夢のまた夢のステージに立てると聞いた時は、本当に感謝の気持ちと諦めなければ夢は叶う!という事をまた皆さんに証明する事ができる!と嬉しい気持ちになりました。」「一生に何度も当たり前のように立てるステージではないという気持ちを胸に、まずは自分自身がおもいっきり楽しみ、来ていただける皆さんに最高の笑顔とパワーを届けたいと思います。」 【西島】 「今は、沢山のアーティストの方々がLIVEをやり「LIVE時代」と言われるくらい会場が中々空いていない中で『東京ドーム』をAAAに頂けた事、とても嬉しく思います。ファンの皆さんとは素敵な時間を共有でるように、しっかり準備します!活動11年にしてAAAの最大の「初体験」なのでしっかりとその空間を味わいたいと思います。」 【宇野】 「ずっと憧れていた大舞台。届かないと思っていました。新たな景色を作り出してくれるファンのみなさんに感謝して、またこれからのAAAの未来にもっと期待したくなるようなAAAらしくて未知数なエンタテインメントを作り上げて最高で最大のライブにします。」 【日高】 「国内最大規模の会場である事を重々受け止めた上で、それでもいつもと同じ、もっと言えばストリートの時と同じ気持ちで挑みたいです。大きくなればなるほど出来る演出は増えますが、たとえお客さんが一人でも、5万人でも、来てくれた人が「全員」満足して帰れる様に、そう思える空間を作るだけです。」 【與】 「初めてのドームなのでとにかく楽しみたいです!!緊張より、楽しみの方が強いです!!当日はとにかくハッピーな日にしたいです!!」 【末吉】 「やはりドームでやれることは嬉しいし、ここまで導いてくれたのまぎれもなく関わってくれた方々、友達、そして、応援してくれるファンの皆さんだと思うのでそんな僕らを連れてきてくれたみんなに満足してもらえるようなステージにしたい。ドームでしかできないこともたくさんあると思うのでその辺は相談しながら面白いことができたらいいなと思ってる次第です。」 【伊藤】 「デビュー10周年の年にドームができなかったので、正直なところ、もうドームではライブをできないんじゃないかと思っていました。なので決まった時は本当に嬉しかったし、ここまで連れて来てくれたファンのみんなに本当に感謝の気持ちでいっぱいになりました。応援してくれるファンのみなさんに、”最高な1日だった!”と言ってもらえるよう気合いを入れて頑張りたいと思います。」