MACOが「love letter」をサプライズ初披露
シンガーソングライターのMACOが24日、六本木ヒルズアリーナで開催されている「コカ・コーラ SUMMER STATION 音楽LIVE」に出演。9月21日に発売となる2ndアルバムのタイトル曲『love letter』をサプライズ初披露した。 この日MACOはヒットシングル『LOVE』や最新曲『恋人同士』を含む全8曲を披露。会場のビジョンに映しだされていた先週22日(金)に解禁されたばかりの、赤い服に身を包みlove letterを手に持つ新しい自身の新しいA写を見て「コカ・コーラさんと同じ赤です」と会場の笑いを誘った。そしてライブ終盤「次の曲が最後になります。」とMCで伝えた後に『恋人同士』を披露。会場は一旦MACOのライブが終了した雰囲気に包まれたが、MACOから「ラストと見せかけて、とっておきの新曲を今日ここで本邦初披露します!」とアルバムタイトル曲の『love letter』を初披露し、集まったMACOのファンを喜ばせた。 ライブ終了後『love letter』の歌詞が歌ネットに公開。公開後5分でリアルタイムランキング1位を獲得。9月に向けてMACOからアルバムにまつわる嬉しいニュースがこれからも届きそうだ。