AKB48グループで人気を出すには?NMB48吉田朱里の挑戦
AKB48グループには300人近くものメンバーが在籍している。 それぞれが個性を持ち、今日も自分の夢へとひた走り続けている。ただ、選抜というものが一つの指標となるAKB48グループにおいて、一人ひとりにスポットが当たる機会というものは、どうしても限られてしまう。 自分をアピールする場が限られた中で、これからいったいどうすればいいのだろう?と、思い悩むメンバーは非常に多くなっている。ただ、そのスポットが当たるのを待つのではなく、自らの武器を活用しながら活動を積極的に行うことで、自分のやりたいこと、目指すもの、ひいては夢を自ら手繰り寄せるメンバーもいる。 強烈なオタクぶりで幅広く仕事を獲得しまくるAKB48田名部生来に、昨年のSKE48松井玲奈卒業公演での劇中曲の作曲に加え、遂にはチームKⅡ公演「0start」のovertureオリジナル映像制作までも行ったSKE48高木由麻奈、演技力を開花させ、着々と映画に出演し続けるNMB48藤江れいな…と、己が持つ「個性」を研ぎ澄ますことで、チャンスへと繋げるメンバーがいるのも事実なのです。 そして現在、個性をフル活用することが活躍に通じるということを、最も体現している一人がNMB48チームNの吉田朱里なのではないでしょうか。吉田は自身の趣味である“オシャレ”で着々と自らの夢へと歩みを進めている。 吉田がYouTuberとしてデビューした、という記事は以前にも当サイトにて掲載済みだが、いま一度触れておくと、今年1月にYouTubeにてオフィシャルチャンネルを開設し、2月1日から「アカリンの女子力動画」を配信開始、女子向けのメイクテクやヘアアレンジ法、美脚ケア法動画を投稿し続けている。 華を感じさせつつ、同世代の女性と同じ目線を貫く吉田の等身大の魅力が支持され、動画視聴数も平均して10万再生を超え、多いものでは50万に手が届く勢いある動画もアップしている。1週間に1本というルールを課しているため、コンスタントに投稿されていく動画。自身で行っているという編集技術も向上しており見やすさをアップさせたり、時にNMB48の裏側を見せ女子力以外の面でも興味を惹かせるなど、楽しませることも忘れていない。この記事を記述している間にも、チャンネル登録者が増えていることが、彼女の支持を裏付ける何よりの証拠だ(現段階6万7000だったのが、今では6万9000超え。7月中に7万に届く勢いだ)。 元より、自身のツイッター上ではコーディネートやヘアメイク写真のアップ、現在の「女子力動画」に繋がる短い動画をアップするなど、地道に発信を続けてきた。その結果が個人チャンネル開設にも繋がったのだろう。 こうしたチャンスをもらえることについて、NMB48の中で人気メンバーだから優遇されている、と思う声も上がるでしょう。確かに特例ではある。ただ、吉田が与えられたチャンスをものにして結果へと繋げたのは、武器を磨き続け、結果を出すための弛まぬ努力と楽しんでもらいたいという精神を保ち続けているからこそだ。 こうした吉田の努力は、WebメディアであるHustle Press内の企画「アイドル好き女子大生が選んだ〝生〟アイドルランキング」の「メイクやファッションを参考にしているアイドルランキング」にてファッション誌モデルを務める乃木坂46の白石麻衣、℃-uteの鈴木愛理ら並み居る強豪を抑え、1位に輝く快挙となった。さらにはファッション誌Ray9月号の特集「絶対くずれない!毎日メイクの実況中継」に登場することが決定。見事動画を投稿し続けたことで、得た大仕事だ。 まず行動することで全てが始まる。それが実を結ぶかは分からない。しかし、恐れず前進すれば道は開かれていくことを吉田は体現している。彼女の夢はモデル兼女優。まさにその道を見事に自身の手で手繰り寄せている最中だ。 1期生としてNMB48に加入し、気が付けば今年で活動は7年目。8月には20歳を迎える。重ねる年月と共に、吉田は着々と一歩を踏みしめている。吉田は自身のTwitter(3月15日付け)にてこう記載した。 「長い道を私は私のペースで歩いていこう。焦るな焦るな。楽しいと思えることを全力で楽しむっ」 NMB48としての活動を熱心に取り組みつつ、自らの楽しみや特技を追求し続けることで世界を広げる。吉田朱里は、好きなことを原動力にし、熱心に外へと呼びかければいつかは形になるということを、伝えている。それは心に燻りを持つメンバーたちにとって、一つの光明となったに違いない。(田口俊輔) 写真(C)NMB48