SKE48古畑奈和「NHK紅白に出たいね!」またメンバーの目標として言い合えて嬉しい
須田亜香里のAKB48 神セブン入り、松井珠理奈の連続ドラマ主演と活躍が目覚ましいSKE48メンバー。そんな中8月17日には20枚目のシングル『金の愛、銀の愛』の発売も決定した。このタイミングで都内スタジオにいるメンバーをキャッチ。須田亜香里、古畑奈和、北川綾巴、日高優月、竹内彩姫の5名に、新曲や年末のNHK紅白歌合戦について話を聞いた。今回は後編をお送りする。 ―新曲『金の愛、銀の愛』ですがバラードですよね?バラードがシングルというのはいかがですか? 須田亜香里 バラードは『不器用太陽』以来、2回目ですが、タイプが全然違いますね。 ―どんな曲に仕上がったんですか? 古畑奈和 今回の曲は、松井珠理奈さんの主演ドラマ「死幣」(TBS系)の主題歌になってまして、そのドラマがホラーサスペンスなので、詞も曲もかなり重めなんです。きっと聴いた方の心に“ずん”って響く歌になっていると思います。パイプオルガンとかバイオリンの音が凄く綺麗で印象的なので、そこも気に入っていただけるんじゃないかな?って思います。耳に残るって言われたり、もう一回聴きたいって言われる曲を歌うことって、とても嬉しいんですよ。表情とかダンスだけじゃなくて曲も気に入っていただけるといいなって思います。 ―夏曲シングルの表題曲がバラードって冒険と思いませんでした? 古畑奈和 今回はドラマの雰囲気もありますし、ドラマからSKE48に興味を持って頂けることもあると思うので、個人個人の見せ方を勉強しながら、どんどん新しいジャンルに挑戦して行きたいですね。 ―ダンスはどんな感じ? 須田亜香里 今回のダンスは、ある意味バラードらしくない感じなんですよ。SKE48として、今まであまり踊ったことがないタイプのダンスで、バラードのわりには激しめなので、目で惹きつける、歌で惹きつける、音で惹きつけるといろんなチャンスをいただいている気がします。 ―この曲が主題歌のドラマ「死幣」ですが、ホラーは苦手?でも珠理奈さんが主演となったら見るでしょう? 古畑奈和 実はちらっと見たんですよ(インタビュー時は放送日前)。人間が狂わされたりするさまだとか、珠理奈さんの表情も、見ていて怖さが伝わりました。ドラマの内容ともリンクした歌詞だと思うので、歌もドラマもチェックして欲しいです。 ―歌詞の世界は純愛? 須田亜香里 自分では認めたくなくって強がって、忘れようとしているところとか。でも最後にはちゃんと答えが出る歌詞になってるんですよ。 ―SKE48の曲としてはこの重さはめずらしい? 古畑奈和 ほかのアイドルさんでもめずらしいんじゃないですか?物語が作れて、歌詞も一話分で、ちゃんと結末があって、アイドルの曲としてはなかなか無いんじゃないですかね。 ―少し早いかもですがNHK紅白歌合戦狙いますか? 須田亜香里 狙いますよ! 日高優月 去年はね、ちょっと悔しかった。 須田亜香里 去年は、SKE48劇場でカウントダウンライブしました。 古畑奈和 紅白…もうそんな時期ですか、早いですね。去年出場できなかったので、みんな悔しいなって気持ちでしたね。今回、あかりんさんが(AKB48の)選抜に「神セブン」として入ってくださったりだとか、珠理奈さんの主演ドラマで私たちSKE48の曲が主題歌になったりだとか、先輩方がSKE48にいろいろな運を運んでくださっているので、後輩の私たちも強くなって、SKE48をますます活気づけられたらと思っています。NHK紅白には出たいですね。こうやって”紅白出たいね!” って、メンバーみんな言い合って、ひとつの目標に向かって行けることがすごく嬉しいです! ―北川さんも出たいよね! 北川綾巴 はい!わたし1回しか出たことないんです。 須田亜香里 『不器用太陽』は? 北川綾巴 あ、『不器用太陽』が初めてで、『賛成カワイイ!』の時が出られなかったんです。 竹内彩姫 いっしょに旗作りました『賛成カワイイ!』の。レッスン場で。 北川綾巴 1回出た時に、また絶対この舞台に立ってやるって心に誓ったんです、私。すごく感動しました!だって紅白ですよ(笑)。夢のステージでした。 ―期待していますので、年末に向けても是非頑張ってください! 全員 ありがとうございます! (C)AKS / AMC