広島東洋カープに今年も勝利の女神C-Girls2016が降臨!
「カープ女子」というワードが流行語大賞にノミネートされるなど、プロ野球界で最も今熱い球団として注目が集まる広島東洋カープ。 この球団の本拠地である「Mazda Zoom-Zoom スタジアム広島」で実際に働いている女性から希望者を募り、厳正なるオーディションを経て選ばれた、我こそはカープ愛は誰にも負けないと自負する11人で結成したユニットが昨年に引き続き活動開始した。 この日は試合開始前にあいにくの雨模様であったが、18時頃グラウンドの外野芝生上にC-Girls2016(カープガールズニーゼロイチロク)のメンバーが登場し、本日発売したタイトル曲『Let’s go! Red!』をパフォーマンス。 球場に集まった約30,000人のファンから拍手が送られた。 その後、メンバーはホーカー(ビールの売り子)として持ち場に戻り、笑顔で接客をしているのが印象的だった。また、球場内にはメンバーと同じピンクのレプリカユニフォームを着て応援するカープ女子の姿も多く見かけるなど、人気も上々のようだ。 今後も球場や広島市内を中心にパフォーマンスを見られる機会があるとのこと。要チェックだ!