くるり オールタイムベスト『くるりの20回転』 リリース決定!
最新EP『琥珀色の街、上海蟹の朝』が各所で絶賛され、オリコンアルバムウィークリーチャート初登場も7位(7/18付)と好調な動きをみせている京都出身のロックバンド・くるり。今年はバンド結成20周年にてより精力的に活動展開する中、これまでを総括するオールタイムベスト『くるりの20回転』を9月14日にリリースすることを発表、あわせて全収録曲とジャケット写真も公開した。 1998年のデビュー曲『東京』から、先日リリースしたばかりの最新作『琥珀色の街、上海蟹の朝』までシングル曲全てを網羅し、さらにボーナストラックとして2006年11月にリリースされたコンピレーションCD「みやこ音楽」におさめられていた『5月の海』を収録。 また、2003年11月にリリースされたシングル『ハイウェイ』のアメリカ・ロサンゼルスでミックスし、お蔵入りとなっていたヴァージョンが復活。2011年10月に放送されたテレビ番組の企画で石川さゆりから依頼を受け、石巻で暮らす人々の言葉を丁寧に紡ぎ、節をつけ作り上げ、さらに現地の方々からの熱いリクエストによりCD化が決定した『石巻復興節』も収録されるなど、結成20周年を迎えるバンドの進化、発展をまとめた集大成で全38曲収録のCD3枚組というボリュームとなった。さらに、初回限定盤には豪華ブックレットが付属する。 そして、9月18日に行われる「京都音楽博覧会2016 IN 梅小路公園」の開催10回目を記念したロゴを公開。「くるりの20回転」とともに、「京都音博10回転」という連動したビジュアルも“くるり/京都音博オフィシャルサイト”でチェックすることが出来る。