指原莉乃 跳躍数センチのフット後藤に「すっごいダサい」
後藤輝基(フットボールアワー)、徳井義実(チュートリアル)、そして指原莉乃(HKT48)が、共通のテーマで招かれた3人をゲストと赤裸々トークを展開する人気番組「今夜くらべてみました」(日本テレビ)。19日放送では、バレーボール部出身という、元全日本のエースアタッカー高橋みゆき、フリーアナウンサーの平井理央、バブル期のあるあるネタで人気の女芸人・平野ノラの3名が登場した。 中学・高校とバレー部だった徳井は3人と意気投合。ノラが繰り出すバレー選手あるあるなど、バレー談義に大いに花を咲かせ、後藤と指原を置いてきぼりに。 高橋が現役時代、170cmの身長に対し295cmに到達できる”ジャンプ力”が紹介され、なぜか後藤がやってみることに。「運動はやってなかったけどジャンプ力はイケる」と豪語する後藤だったが、結果は散々。高橋も平井も「ヒドい」「なに今の?」と余りの低いジャンプに驚きの様子。徳井が「笑いはいらんから」とツッコむと「体感では1メートルは跳んでるよ」といい訳する後藤に、指原もたまらず「すっごいダサい!」と言っ放ってしまった。 さらにボールを使ってアタックをやってみることとなり、「ボールええわ、怖い」と萎縮する後藤に「いきますよ!」と徳井が構えるも「え!何!?下がったところ打つの?」と完全にテンパってしまい、案の定グダグダ。運動神経の無さをまた露呈してしまった。腹いせなのか「指原は?」と振る後藤。「いやいや、私ボール無理なんです」と嫌がるも、「ボール無理なんは俺といっしょや」と強制的に靴を脱がす。徳井は「ダンスもやってるし」と期待を寄せるが、顔が全然出来ない表情。手を前にしておどおどしている。高いトスが上がり、ドタドタと前へ出るが、なんと普通に受け止めてしまい、「なんでおまえだけキャッチボールなってんねん」とキツいツッコミを受けたが、これに関しては後藤も指原も痛み分けとなった。 番組終盤ではノラがぜひ知ってほしいと紹介した、カザフスタンジュニア代表アタッカー、サビーナ・アルシンベコバ選手に話題が集まった。彼女はYahoo!の映像トピックスアワードで年間1位になった話題の美女。その完璧な美女ぶりに指原は「アイドル!」と息を呑んだ。182cmという長身と美貌で、母国では女優デビューを果たした逸材だ。