レキシ「サングラス大使」栄えある第1号に任命
人気急上昇中のミュージシャンであるレキシ(池田貴史)が、「めがねのまち」として有名な地元の福井県鯖江市から、第1号となる「サングラス大使」に任命されることが決定した。 現在絶賛開催中のレキシツアー「遺跡、忘れてませんか?」の福井公演となった18日(祝・月)にあわせて、会場の福井市文化会館にて取材会見が行われ、鯖江市長の牧野百男(まきの・ひゃくお)から巻物式の任命書、および“TAKAFUMI IKEDA”のネーム入り特注サングラスが贈呈された。 レキシが任命された「サングラス大使」とは、国内の眼鏡フレーム製造シェアの約8割を占めサングラスも数多く手がける鯖江市が、“めがね”だけでなく“サングラス”も広くPRしていくために新たに創設もの。 地元鯖江市をこよなく愛すレキシは、レキシとしてライブやメディアに出演する際は、自身のトレードマークとしてサングラスを着用。また、2007年のデビューアルバム『レキシ』収録の楽曲『歴史ブランニューデイ feat. 足軽先生(いとうせいこう)、シャカッチ』では、鯖江市を舞台にし、牧野百男(まきの・ひゃくお)鯖江市長も出演したミュージックビデオを制作したりと、今回、鯖江市から「サングラス大使」第1号に最もふさわしいとして任命される形となった。 取材会見は福井弁が飛び交い、市長は「池ちゃんは鯖江の星。第1号のサングラス大使にぴったりのキャラクターだと思います」とコメント。一方のレキシも「やっと、ついに鯖江市に貢献できてとても嬉しいです。これからは雨の日も雪の日もサングラスをかけ続けます笑」と喜びのコメント。「鯖江はめがねだけでなく、古墳も多い町なのでいつか古墳でライブとかできるといいですね」とも語った。 また、本日の福井公演のライブ中、牧野市長が平安期貴族調の衣装に身を包んでステージ上に登場し、完売御礼となった満場の観客の前で、レキシが「サングラス大使」第1号に任命されたことを報告。会場は大歓声に包まれ、任命書と特注サングラスを披露する一幕も見られ、約2年ぶりの地元福井県での凱旋公演は大盛況で幕を閉じた。