東京パフォーマンスドール新曲MV公開 ドローンで繋ぐ光と闇
東京パフォーマンスドール(通称TPD)の5枚目となるシングル「純愛カオス」のミュージックビデオ(以下MV)が、YouTubeにて公開された。 新曲『純愛カオス』(8月17日発売)は、読売テレビ・日本テレビ系全国29局ネット毎週土曜夕方5時30分放送(※一部地域を除く)アニメ「逆転裁判〜その「真実」、異議あり!〜」のエンディングテーマとして絶賛オンエアされている。 MVは関東近郊のゴルフ場とホテルにて撮影され、監督はいきものがかりの『じょいふる』などを手掛けたスミス氏が務めた。振付はダンスパフォーマンス集団の梅棒が担当し、TPDならではの美しいフォーメーションダンスが満載。そんな『純愛カオス』のMVは、ドローンを使用しての撮影が随所に収められており、光と闇の世界をダイナミックにつないでいる。広々とした芝生での躍動感あるダンスシーンと、狭い空間でさまようTPDメンバーが印象的だ。 リーダーの高嶋菜七は「ダンスシーンの撮影時、芝生に足をとられて、ロングブーツのヒールが何本も折れてかなり大変でした。」と撮影エピソードを話してくれた。現在全国各地でミニライブイベントを開催しているので、ぜひ生でもチェックしてほしい。